ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本心抑える『アナ雪』エルサタイプはストレスで心折れる恐れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『アナと雪の女王』は、公開15週目も興行収入&動員数1位。累計約1870万人、237億円突破(6月23日現在)と勢いが止まらない。

「作品の成功は、エルサが“王国を守る”という責任感・義務感から抑え込んでいた本当の自分を解放し、“ありのまま”になる姿に共感した人が多いからではないでしょうか」

 そう分析するのは、日本大学芸術学部パフォーマンス心理学部教授で、自己表現の著書が多数ある佐藤綾子さん。

「エルサのように本心を抑えて、仮面をかぶり、自分の役割を演じることを重視する生き方は、社会生活を円滑に進める上では有効。人の上に立つには必要ですが、度が過ぎるとストレスが溜まり、心が折れる可能性もあります」(佐藤さん・以下同)

 生きていくためにはある程度の“仮面”は必要。だが、遠慮や抑制心が働き、仮面を脱げない人も多い。

「大切なのは自分の心の声を聞き、自分らしく生きること。普段、どれだけ仮面をかぶり、自分を隠して生きているかを自覚し、映画のようなハッピーエンドを迎えましょう」

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
韓流ドラママニア 好きなシーンを20回30回繰り返し見る
大ヒット『アナ雪』 雪の女王エルサは初期段階では悪役だった
視聴率42.8%「ミタ」の教え いやなら無理に笑わなくていいよ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP