ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリアイコンをGoogleサービス風に変える「Moonshine」がv1.6にアップデート、Android “L”ベースの内容に刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidアプリのアイコンをGoogleサービスのフラットデザインに変更するアイコンパック「Moonshine」がv1.6にアップデートされて「Android “L”」ベースに変わりました。アプリのメイン機能はアイコン画像を変更することなので、Moonshineアプリ自体の新機能はある意味どうでも良いことなのですが、アプリUIがAndroi Lの“Material Desing”を採用したフラットでカラフルな内容に変わり、見やすくなりました。また、壁紙にAndroid Lのものが追加され、デフォルトでそれが適用されるようになりました。Moonshineの特徴はシステムアプリやGoogleアプリだけではなく、メジャーなサードパーティアプリのアイコンもMoonshineデザインに変える点で、v1.6ではさらに100種類以上のAndroidアプリでMoonshineデザインが適用されるようになりました。このほか、Sunrise Calendarアプリでダイナミックカレンダー機能を利用できるようにもなりました。「Moonshine」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaはMoto XとMoto GにAndroid “L”を提供する予定
Android “L”はBluetooth Low EnergyのPeripheralモードをサポート、Android端末をセンサーデバイスにしてデータを別のAndroid端末に転送するようなことも可能に
HPは17.2インチフルHDディスプレイとIntel Celeronを搭載したAndroid端末「HP Slate 17」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP