ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GACKT、ワイルド&セクシーなヌード姿を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月4日で41歳の誕生を迎えたアーティストGACKT。かつては中性的な色気で女性を魅了していたGACKTが、ワイルドでセクシーな肉体美を惜しみなく披露しており、更なる反響を呼びそうだ。


披露の場となったのは、7月7日(月)発売の雑誌「GLITTER」のLOVE&SEX特集でのこと。「支配と服従」というテーマを元に、さまざまなシチュエーションによるヌード姿を披露。中にはフルヌードも公開している。

日頃より自身が「アーティストである前に漢である」ということを提言し続けているGACKT。トレーニングを毎日怠ること無く続けているというだけあり、今回披露されている鍛え抜かれた肉体はとても40代とは思えないような美しさを誇っている。

今回のヌード写真は10月にリリースされる45枚目のニューシングル「暁月夜-DAY BREAKER-」でも、公式サイト限定で販売する、”世界初”抱き枕がジャケットになった、GACKT等身大ジャケットにて使用予定とのこと。雑誌とは違う、アザーテイクが使用されるとだけあり、こちらもどのような姿が披露されるのか楽しみだ。

今年でソロデビュー15周年を迎えるGACKT。7月4日に行われたFC限定イベントでは15年間拘り続けて来た「MOON PROJECT」に終止符を打つ「LAST VISUALIVEツアー」が決行されることを発表した。MOON PROJECTの一環であるGACKTオールプロデュース舞台「MOON SAGA – 義経秘伝 – 第二章」も、今年の8月8日(金)より上演スタートする。舞台の幕開けから、来夏のLAST VISUALIVEへと、GACKTにとってもGACKTファンにとっても目まぐるしい15周年となりそうだ。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
GACKT オフィシャルサイト
GACKT、映画「サイレントヒル」の舞台挨拶で驚きの告白

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。