ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加藤いづみ、本人が選曲した全32曲のベスト盤「little stories」7/21発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1991年にポニーキャニオンからデビュー。1993年フジテレビ系ドラマ「悪魔のKISS」の挿入歌「好きになって、よかった」がヒットし、90年代前半の“ガール・ポップ”ムーブメントの一翼を担うシンガーとして活躍した加藤いづみのベスト・アルバム「My little stories -加藤いづみベスト-」が7月21日に発売される。

初回特典として本人直筆によるコメント・カードと特製ポスト・カード付。今作はポニーキャニオンショッピングクラブからの通販リリースとなっている。

CD2枚に収録した全32曲を加藤いづみ本人が選曲。50ページに及ぶ歌詞ブックレットには、それぞれの曲への歌い手、もしくは作り手としてのコメントを掲載し、リマスタリングした音源と合わせて、当時の楽曲にいわば新たな光を当てている。

ディスク1はリリース順に並べたシングル集。ディスク2はポニーキャニオンからのデビュー以前に“Sherry”名義で歌った幻の楽曲を収録するなど、アルバム収録曲に加え、ゲスト・シンガーとして参加した多彩な楽曲をラインナップ。ポニーキャニオン、バップなど6つのレーベルを結び、20年に亘るシンガーとしてのキャリアをカバーした内容となっている。

加藤いづみは今年、6年振りとなる新録アルバムのリリースとワンマン・コンサートを計画。シンガー加藤いづみの存在をクローズ・アップする年とするべく、レコーディングに向けての準備を進めている模様。ベスト・アルバム発売を皮切りに、今後の加藤いづみ情報に注目しよう。

「My little stories -加藤いづみベスト-」特設サイト
http://katoizumibest.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP