ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベンチが端末充電ステーションに!太陽光で発電するSoofaが米で導入中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレット端末を持ち歩く人は多いだろう。インターネットに通話、メッセージ、音楽、ビデオ、ナビゲーションとさまざまなシーンで活躍する端末だが、もちろん使用した分だけ電池はなくなる。

外出中に電池残量がピンチになってカフェなどに駆け込んだ、という経験がある人も少なくないのではないか。そこで、今回紹介するのが、米マサチューセッツで設置が進められている端末が充電できるベンチ「Soofa」。

Soofaは太陽光で発電・蓄電し、2つのUSB差し込み口を備えている。使用したい場合は、端末をつなぐケーブルを持っている必要があるが、座って休憩する間に充電できるというのはやはり便利だろう。

公園や学校など公共の場にあれば重宝するし、事故や自然災害などで停電した場合にも活躍しそうだ。

ユニークなのが、専用のサイトでSoofaが街のどこにあるのか、使用中かどうかなどを確認できること。センサーが備わっていて、ベンチに足を運ぶ前にSoofaが十分蓄電されているかどうかもチェックできる。

また、センサーは気象データや騒音・大気汚染レベルのデータを集める機能もある。データはサイトで閲覧できるようにするが、まだこのシステムは運用されていないようだ。

開発したのは、マサチューセッツ工科大学メディア研究所からのスピンオフしたスタートアップ「Changing Environments」。現在、ボストンとケンブリッジで設置を進めている。

さすが名門大学を抱えるIT先進都市と思わせる取り組みだが、携帯端末が普及した今、他の都市・国にも広がる可能性は十分ありそうだ。

Soofa

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP