ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

狂気じみてる……玉葱の成分を練り込んだ『オニオンノート』のCMが色んな意味で泣けている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 図書館で一人ノートに向かう青年、一文字書くごとにあふれ出る涙……彼は何をノートに綴ろうとしているのか?そしてその胸にはどんな思いが?
バックには「私たちには希望がある」という歌詞とともに、riecoさんの『KIBOH』が優しく流れている……。

 なんぞこのCM?一見すると、生命保険会社の感動シリーズのCMにも似てますが、実はコレ海外企業が日本で展開を予定している、『オニオンノート』のプロダクトがネットに初公開したCM動画。

【関連:タイの泣けるCM―2013年話題になった作品を一挙お届け!】

 数日前プロダクトサイトが公開され、タマネギの成分を練り込んだノートということで「誰か止めるやついなかったのかよ!」「発想が斜め上すぎるwwwww」とネットで大いに話題に。
さらには、キャッチコピーの「書くだけで涙がこぼれる、世界初の感動ノート」という一文も、「ぜんぜん感動じゃないじゃん!」と総突っ込みをうけていました。

 近日CM動画を公開するという事だったので張り付いてみると、このような「はぁ、そう来ましたか」という思いもよらぬ展開に。ちなみにCM動画は図書館編とダイニング編の2パターン公開されており、どちらもプロダクトサイト(http://onionnote.com/)から見ることができます。

 そもそも論、あまりにネタっぽい商品のため、本気でこの『オニオンノート』が発売されるのか分かりませんが、出るとするなら持ち運びはどうするのか?普通に持ち運ぶと臭いもつくだろうし、電車内はプチテロ状態になることでしょう。色々気になるところです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP