ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンク・フロイド「対/TSUI」20周年記念デラックス・エディション発売記念、最新リマスター5.1ch音源特別試聴会7/15開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピンク・フロイドの「対(TSUI) 20周年記念デラックス・エディション(The Division Bell20th Deluxe Box)」の発売を記念して、最新リマスター5.1ch音源をシネマで体感できるスペシャル試聴イベントが決定した。7月15日、東京・新宿ピカデリーにて開催される。

「対/TSUI(THE DIVISION BELL)」は、全英・全米のアルバム・チャートの両方で初登場1位を飾り、さらに全米においては4週連続1位を獲得したアルバム。その他、8ヵ国で1位を獲得し、今日まで1200万枚のアルバム・セールスを記録している。アルバムはアストリアとブリタニア・ロウ・スタジオでレコーディングされ、収録曲の歌詞の殆どはポリー・サムソンとデヴィッド・ギルモアの手によるものである。同アルバムは、デヴィッド・ギルモア、ニック・メイソン、リチャード・ライトというメンバーのピンク・フロイドにとって最後のスタジオ・アルバムになる。

アルバム発売当時、デヴィッド・ギルモアは、「3人でブリタニア・ロウ・スタジオに入り、2週間ほどインプロヴィゼーションを行った。一緒に演奏しながら、まっさらなところからスタートするのは、興味深かったし、またエキサイティングだった。アルバム制作に弾みをつけてくれたし、それに制作過程もとても上手くいった。共同作業的な部分も強かったし、団結力がより高まった気がした」と語ったという。

この20周年記念ボックス・セットには、CD、アルバムの2枚組アナログLPレコード、そしてカラーとクリアの7インチ・アナログ・レコード2枚、1枚のカラー12インチ・アナログ・レコード、ブルーレイ・ディスク、そして今回が初の収録となるアンディ・ジャックソンによる「対/TSUI (THE DIVISION BELL)」の5.1オーディオ、さらに5枚のコレクターズ・アート・プリントが収録される。

アルバムの2枚組アナログLPレコードは、オリジナルのアナログ・テープからマスタリング・ラブのダグ・サックスが新たにリマスターされたもの。収録曲が全てフル・ヴァージョンで収められ(もともとのアナログLPレコードは、1枚組LPの収録時間に収まるようにエディットが施されていた)、ヒプノシス/ストームスタジオのデザインによるゲートフォルド仕様のジャケットに収められている。

このほか、「テイク・イット・バック(Take It Back)」赤色の7インチ・アナログ・シングル、「運命の鐘(High Hopes)」のクリア7インチ・アナログ・シングル、そして片面にレーザー・エッチングが施された同シングルのブルーの12インチ・アナログ・シングル、2011年ディスカヴァリー・リマスターを使用した「対/TSUI (THE DIVISION BELL)」のCDアルバム、さらにアルバムのHDオーディオと未発表のアンディ・ジャクソンによる5.1サラウンド・オーディオ・ミックスを収録したブルー・レイ・ディスクが収録されている。

ブルー・レイ・ディスクには、1994年に発表され世界で何百万枚ものセールスを記録しグラミー賞の「最優秀ロック・インストゥルメンタル賞」を獲得した「孤立(Marooned)」のニュー・ビデオが収録される。本ビデオでは、ヒプノシスのオーブリー・パウエルが監督を務め、2014年4月にウクライナで撮影された。前述のPCMステレオ及びアンディ・ジャクソンによる5.1サラウンド・オーディオ・ミックスとともにブルー・レイ・ディスクに収められる。

オリジナル・アルバムのプロデュースを手掛けたのは、ボブ・エズリンとデヴィッド・ギルモア。さらにオーケストラル・アレンジはマイケル・ケイメンによるもの。リマスターは、ピンク・フロイドのオーディオに長年関わってきているジェイムス・ガスリーとジョエル・プラントが手掛けている。

視聴イベント概要
2014年7月15日(火)19時スタート
新宿ピカデリー
JR「新宿駅」東口より徒歩5分
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」B7・8出口より徒歩1分
20周年記念BOX付きのチケットも同時発売
BOX付きチケット購入者には、特製アート・プリントをプレゼント
<券種>
入場券のみ:1,800円(税込)
入場券+20周年記念ボックス:25,800円(税込)
<チケット販売>
・7月3日(木)12:00より、ローソンチケットにて先行受付
受付URL:http://l-tike.com/pf-0715/
・7月8日(水)18:00よりローソンチケットにて一般発売開始【Lコード:75949】
一般発売予約TEL:0570-084-003(Lコード必要)
web予約:http://l-tike.com
※一般発売日よりローソン・ミニストップ店頭Loppiでの直販あり
※0570から始まる電話番号は、一部携帯電話、全社PHS・IP電話・CATV電話からはご利用になれません
<チケットについてのお問い合わせ>
0570-000-777(ローソンチケット:24時間音声案内・オペレータ対応・10:00~20:00)

リリース情報

「対(TSUI) 20周年記念デラックス・エディション(The Division Bell20th Deluxe Box)」
2014年7月16日発売
WPZR-30576(7Disc+DLカード) 22,222円+税
輸入盤国内仕様
<収録内容>
・未発表5.1サラウンド・サウンド・ミックス、ハイレゾ音源
2014年制作の「孤立(Marooned)」の新作映像を収録したブルーレイ・ディスク
・アルバム全編をフル尺で収録した初の2枚組アナログLPレコード
・2011年リマスターCD(紙ジャケ仕様)
・7インチ×2枚、及び12インチのカラー・アナログ・レコード収録
・アルバムのHD(96kHz/24bit)とMP3(320kbps)音源のDLカード
・ヒプノシス/ストーム・スタジオのデザインによる26cm×26cm アート・プリント 5枚
・24ページ歌詞 ブックレット
<「対/TSUI(THE DIVISION BELL)」20周年記念コレクターズ・ボックス 収録曲>
1.クラスター・ワン Cluster One
2.ホワット・ドゥー・ユー・ウォント
3.極 Poles Apart
4.孤立 Marooned
5.壁が崩壊した日 A Great Day For Freedom
6.ウェアリング・ジ・インサイド・アウト Wearing The Inside Out
7.テイク・イット・バック Take It Back
8.転生 Coming Back To Life
9.キープ・トーキング Keep Talking
10.ロスト・フォー・ワーズ Lost For Words
11.運命の鐘 High Hopes

DISC 1-2
2014年にアナログLP用にオリジナル・アナログ・マスターから新たにリマスターされたアルバム音源。2枚組アナログLPレコードにアルバム全編を初収録(これまでは1枚組アナログLPレコードにエディットした音源で収録)
DISC 3
「テイク・イット・バック(Take It Back) [Edit]」レッド・カラー7インチ・アナログ・シングル
A面:「テイク・イット・バック(Take It Back) [Edit]」
B面:「天の支配(Astronomy Domine) [Live]」
ピクチャー・スリーヴ・ジャケットに収められたレッド・カラー7インチ・アナログ・シングル
DISC 4
「運命の鐘(High Hopes)[Edit]」クリア・カラー7インチ・アナログ・シングル
A面:「運命の鐘(High Hopes)[Edit]」
B面:「キープ・トーキング(Keep Talking)[Edit]」
ピクチャー・スリーヴ・ジャケットに収められたクリア・カラー7インチ・アナログ・シングル ポスターバッグ付
DISC 5
「運命の鐘(High Hopes)」 ブルー・カラー12インチ・シングル・レコード
「運命の鐘(High Hopes)」「キープ・トーキング(Keep Talking)」「吹けよ風、呼べよ嵐(One Of These
Days) [Live]」収録
片面にレーザー・エッチングが施されたブルー・カラー12インチ・シングル・レコードピクチャー・スリーヴ・ジャケット入り
7枚のコレクタブル・フィルム・カード封入
DISC 6
「対/TSUI (THE DIVISION BELL)」
2011年ディスカヴァリー・リマスターを使用したCDアルバム
新たにデザインされたウォレット型ジャケット入り
DISC 7
ブルーレイ・ディスク【全て未発表音源・映像】
「孤立(Marooned)」2014年ビデオ
監督:オーブリー・パウエル/音源はステレオ&5.1サラウンド・オーディオ・サウンドトラック
「対/TSUI (THE DIVISION BELL)」のアンディ・ジャクソン 92khz/24bit 5.1サラウンド・オーディオ・ミックス
「対/TSUI (THE DIVISION BELL)」のジェイムス・ガスリー 92khz/24bit HDオーディオ・ステレオ・ミックス
HD Card(ダウンロード・カード)
その他
ヒプノシス/ストーム・スタジオのデザインによる26x26cmアート・プリント5枚

関連リンク

ピンク・フロイド レーベルサイトhttp://wmg.jp/artist/pinkfloyd/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP