ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夜、25年ぶりインド版新作『忍者ハットリくん』地上波初放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫


インド逆輸入版『忍者ハットリくん』/(C)藤子スタジオ/テレビ朝日・シンエイ
藤子不二雄Aさん原作のTVアニメ『忍者ハットリくん』のインド版の新作が、7月4日(金)深夜3時30分から、テレビ朝日で地上波初放送される。

これは、2012年にインドで25年ぶりに放送された本作の新作アニメシリーズが、日本でも逆輸入という形で7月11日(金)にDVD-BOXとなって発売されることを記念した放送。

全26話の中から、ハットリくんらしい忍法満載のエピソードやインドならではのエピソードなど、厳選された3つのエピソードがついに地上波で放送される。

2012年にまさかのインドで新作シリーズ放送

アニメ『忍者ハットリくん』は、国内では1980年代に放送されていた作品。国内のみならず世界各国で高い人気を獲得し、インドでも放送を開始。

そして2012年。インドでの凄まじい人気を受け、まさかの日本ではなく、インドで25年ぶりに本作の新作アニメを制作することが発表。同年5月より全26話で放送された。

制作はテレビ朝日とアニメ制作会社・シンエイ動画が、インドのアニメ制作会社であるリライアンス・メディア・ワークスと共同で手がけ、当時制作された日本版のアニメにはない、携帯電話インターネットメールが登場するなど、現代風の設定も取り入れられた。

インド版『忍者ハットリくん』は、日本でも2013年にアニメ専門チャンネル・アニマックスで放送されたことはあるが、今回のテレビ朝日での放送は地上波初となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。