ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GReeeeN、“子供たちの夢を月に届ける”月面到着プロジェクトのテーマソングを担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GReeeeN、“子供たちの夢を月に届ける”月面到着プロジェクトのテーマソングを担当

GReeeeNが、民間企業が初めて挑む月面到着プロジェクト“LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT”(ルナ ドリーム カプセル プロジェクト)のテーマソングを担当することが決定した。

また、2015年10月に打ち上げ予定のタイムカプセル「ドリーム カプセル」には、世界中の子ども達から集めた夢のメッセージとプロジェクトの象徴であるポカリスエットの粉末に加え、GReeeeNのテーマソングも収載され月に向かうことが予定されている。

ドリームカプセル 月面到達イメージビジュアル
LUNAR DREAM CAPSULE PROJECTとは、大塚製薬、米国の宇宙開発企業アストロボティック・テクノロジー社、同社のパートナーである国際的宇宙事業会社アストロスケール社が中心となり挑む民間企業初の月面探査機打ち上げプロジェクト。

“子ども達に大きな夢を持ってもらいたい!”との想いを込めた月面到着プロジェクトに、夢や希望をテーマにした楽曲を数多く作り出し、若者たちから絶大な人気を誇るGReeeeNが深く共感。GReeeeNはかねてより宇宙やサイエンスが大好きで、プロジェクトの挑戦を応援すべく、テーマソング制作の実現に至った。

制作楽曲は、GReeeeNオリジナルのテーマソングとして、EARTH ver.とLUNAR ver.の2種類で、LUNAR ver.には世界中の子ども達の声も収録され、月面に届けられる予定。共に年内に完成し、打ち上げまでの間プロジェクトを盛り上げる。更に今回GReeeeNは、テーマソングだけではなく、月面がGreen(自然)であふれる日を夢みてサクラの種もロケットに収めます。月で発見された水でサクラを育て、未来のコロニー(居住空間)でサクラを咲かせたいとの想いを詰め込む。

そして、今回のテーマソング制作に先立ち、GReeeeNメンバーそれぞれからも直筆の夢のメッセージが届いた。

HIDE
navi
92
SOH
また、GReeeeNの8月6日発売ニューアルバムならびに7月11日~全国TOURのプロモーションの一環として6月17日~行われているGReeeeN宣伝アンバサダー2人による日本縦断キャンペーン「O.T.P(想いよ届けプロジェクト)セカンドシーズン」ともLDCPはコラボレーション。日本縦断の過程で、全国の子供たちから夢のメッセージを集めていく。

楽曲を月面に届ける、アーティストとしても史上初となる壮大なプロジェクトにGReeeeNが挑戦していく。

月へ送るタイムカプセルの中身(発表済みのもの)
・ポカリスエットの粉末
・子供たちのメッセージ
・GReeeeNのテーマソング ※GReeeeNの楽曲をどのような形式で送るかは、現在研究中。

GReeeeNコメント
「子供たちの夢を月に届ける」というプロジェクト。僕たちが子供の頃には想像も出来なかったイベントに参加させて頂く事をとても光栄に思っています。
とうとう音楽も地球の外に出ていく時代になりました。この音が地球外で聴かれるのか、未来の人が聴くのか、はたまた自分たちも聴く事が出来るのか。。夢は広がるばかりです。
子どもたちの夢に向かう純真な眼(まなこ)を想い、夢に向かう楽曲、また皆さんの夢を支える事のできる楽曲を作りたいと考えています。

LUNAR DREAM実行委員会コメント
大塚製薬株式会社 製品部 ポカリスエットプロダクトマーケティングマネージャー 浅見慎一氏からのメッセージ

GReeeeNさんによる夢の詰まった楽曲に応援していただきとても心強いです。さらに夢の詰まった月面到達プロジェクトを共に盛り上げていきましょう

LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT 特設サイト
http://lunar-dream.com/

LUNAR DREAM MESSENGER
http://lunar-dream.com/join/messenger/

リリース情報
6thアルバム
2014年8月6日(水)発売

関連リンク

GReeeeN New Album特設サイト:http://sp.universal-music.co.jp/greeeen/
GReeeeN オフィシャルサイトhttp://www.greeeen.net/
GReeeeN オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/GReeeeNofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。