ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原紀香、飯島直子、武田久美子他 Vシネマを彩った女優達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国公開される映画に比べれば、Vシネマにかけられる宣伝広告費は微々たるものだ。Vシネマの歴史とは、そうした制約下で作品をいかにして手にとってもらうかを競う「セクシーアピール」の歴史でもあった。

 Vシネマを語る上で欠かすことの出来ない要素が、旬の女優たちが魅せる「エロス」である。濡れ場の出来がその作品の評判を左右するといわれるVシネマ界では、有名無名問わず、多くの女優たちが肌をさらしてきた。Vシネマに詳しいライターの藤木TDC氏が解説する。

「Vシネの最盛期だった1990年代は『ヘアヌードの時代』でもありました。出版、映画、AVと各業界が性表現の過激さを競う中、Vシネマも必ず作品中に濡れ場を配置していたし、セックスシーンそのものが作品の売りであることも多かった。にっかつロマンポルノがなくなった後の受け皿として、多種多様な濡れ場が用意されました」

 1990年代にナンバーワンVシネクイーンとして一時代を築いたのが大竹一重(42)だ。Vシネマ黎明期の濡れ場といえば、無名の「女優の卵」が演じるのが普通だった。そんな中、当時22歳の大竹は、ミス日本入賞者という華やかなプロフィールを引っさげて登場。そのインパクトは大きかった。

 大竹は名作と称えられる『痴漢日記 尻を撫でまわしつづけた男』(1995年)を皮切りに、『女教師日記』(1995年)、『あやしい人妻 テレクラ・リポート』(1996年)などに立て続けに出演。華道家元、茶道師範の肩書きを持つ清楚な女優が乱れる姿に、世の男たちは大いに沸き立った。

「上品さを保ちつつ、常に期待を裏切らない脱ぎっぷりを見せるギャップが魅力でした。長身でスレンダーなスタイル、クールなキャラクターから“Vシネ界のシャロン・ストーン”とも呼ばれました」(前出・藤木氏)

 ミスコンから降臨した女王がいれば、セクシー業界から殴り込みをかけた女王もいた。水谷ケイ(40)だ。

 Fカップのバスト、丸みを帯びた肉感的なヒップが、男たちの責めを受けるたびに揺れる様は、まさにド迫力。当時の人気深夜番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)で若者たちを虜にした肉体は圧倒的だった。

 繊細な感情表現によるリアルな演技で男たちを興奮させた大竹に対し、水谷はコミカルな演技を得意とした。水谷は『お天気お姉さん』(1995年)で、ストックホルム国際映画祭のユーモア映画最優秀主演女優賞を獲得している。

 この時期には、Vシネ界の隆盛により、すでに名の知られた有名女優も次々と参戦した。武田久美子(45)もそのひとり。圧巻は、『内閣特務捜査官 ORDER』(1997年)で演じた濡れ場だ。ベッドの上で西岡徳馬に後ろから胸を鷲掴みされながら何度もキスを求められたかと思えば、その後は西岡に馬乗りになって腰を前後させる艶めかしいシーンを演じている。

 Vシネ史上最高の「お宝映像」とされているのが、当時缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイクしていた飯島直子(46)の『Zero WOMAN 警視庁0課の女』(1995年)。美しいバストの上を水が滴り落ちてゆくシャワーシーンが話題を集めた。

 さらに東映ビデオは夏樹陽子(61)、宮崎ますみ(46)を、ハードエロスシリーズ『XX』に相次いで起用。こちらも過激なヌードシーンが話題を呼んだ。

 1997年には藤原紀香(43)もコメディ作品『あやまり屋稼業』でハイレグ水着を披露。大ブレイク直前のグラマラスボディを見せつけた。藤木氏がいう。

「Vシネの濡れ場の魅力は、ロマンポルノの流れを汲むストーリー性です。エロスの中に、文学が存在しているんです。直接的な行為表現だけではなく、内面からにじみ出る色香をどう表現するか。時代に名を残した女優は、その能力に長けていたといえます」

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
元NHK子役タレントと気鋭のグラドルが映画で初ヌードに挑戦
中山美穂の初期主演ドラマ お色気シーン満載で批判が殺到
韓国の成人映画『後宮の秘密』 260万人を動員し社会現象に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。