ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「オトコ10000人斬り」の美女ホステスがその実体験を赤裸々に綴った自叙伝を出版

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜の世界で15年…なんと10,091人もの男性と”関係を持った”美女が、その体験を赤裸々に綴った自叙伝を出版した。

オーストラリアでホステスとして絶大な人気を誇ったグウィネス・モンテネグロ(源氏名)さんが、閉ざされていた夜の世界の裏の裏まで綴った自叙伝「10,000 Men And Counting」を出版したと、英<Metro>紙が報じている。

敬虔なクリスチャンとして育てられたにも関わらず、21歳の頃には最高級ホステスになっていたというモンテネグロさん。なんと1時間に500~1,000ドル(約50,500~101,000円)を稼いでいたというから驚きだ。

お客さんにリゾート旅行に連れて行ってもらったり、高級車や衣服などにお金を注ぎ込んだりと、絵に描いたような豪遊生活(性活?)を送っていたというモンテネグロさんは、「それはコカインやスピード(麻薬)とシャンパンに囲まれた生活だったわ」と振り返る。

そんなモンテネグロさんだが、現在のビジネスパートナーと出会い33歳の時に夜の世界を引退。しかも、それ以前から飛行機のパイロットになる準備をしていたというから、まるで映画のような話である。しかし、その後腎不全を患ってしまい、パイロットライセンスを更新できない状況に…。そこで、再び夜の世界へ再び舞い戻ってきたというわけだ。

ちなみにモンテネグロさんのキャリアで10,091人斬りというと、なんと1ヶ月に56人=毎日1.8人の男性と関係を持っていた計算になる。そんな彼女の秘密がたっぷり詰まった著書はオンラインで購入できるので、興味のある方はぜひ購入してみては?

【参照リンク】
・This woman has slept with over 10,000 men and she’s written all about it in a glossy new book
http://metro.co.uk/2014/07/01/this-woman-has-slept-with-over-10000-men-and-shes-written-all-about-it-in-a-glossy-new-book-4781337/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP