ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネット民も騒然 「五反田殺傷事件」は第2の恐怖実況投稿『きさらぎ駅』か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新宿駅で6月29日に焼身自殺事件が発生した翌日の6月30日の朝6時頃、今度は五反田駅で殺傷事件が発生したとの情報がtwitter上を駆け巡った。

「五反田の駅ビルが現場検証のため封鎖中。」(7:23)
「五反田で警察による現場検証とか何かあったのか?笑」(7:31)
「五反田で現場検証がどうのこうので封鎖中。」(7:45)

など、何人かのユーザーがツイートしはじめると、それに釣られるかのように、様々な目撃情報がツイートされるようになる。

「五反田の駅ビルで事件らしい。警察官があつまっている。血が床に広がってた。」(7:23)
「五反田で殺傷事件?殺人事件があった模様。東急の駅ビル内歩道橋で血のプールみた…」(7:31)

しかしこの騒動、いつになってもテレビや新聞はおろか、ネットニュースにも話題として掲載されないため、事件発生から4日目を迎えた今も、「なぜ報道されない?」といった声がネット上に飛び交っている。

そうした中で現在指摘されはじめたのが、「デマ情報説」だ。というのも、こうしたデマ投稿は年々増加しており、実際、2ちゃんねるで有名となった恐怖体験の実況投稿『きさらぎ駅』をなぞるように、現場から実況するフリをして画像と共にデマ事件を広めようとする愉快犯も続出しているからだ。

「真相は定かではないですが、素朴な疑問として、封鎖されている現場でどうやって”血の海”を見たのか?と」(事件ネタに詳しいライター)

かつて、デマや怪情報で溢れる2ちゃんねるの開設者・ひろゆき氏は、「嘘を嘘と見抜けないと難しい」と語ったが、果たしてこの事件、その真相や如何に…

文・今岡憲広

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP