ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

友達に見せてもいい写真だけを選択して閲覧できるようにする「Overswipe」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友人の面白おかしいポーズをスマートフォンで撮影し、写真を見返して笑っていると、その友人が「見せて」とくるのはよくあるパターンだろう。

そんなとき、友達に端末を手渡すのに抵抗を感じないだろうか。というのも、カメラロールにはそのほかにもプライベートな写真が保存されていることが往々にしてあるからだ。

友人に見られるのはちょっと…という写真があるとき、このほど登場したiOSアプリ「Overswipe」が便利かもしれない。というのも、Overswipeでは友人に見せてもいい写真だけを“公開”することができるからだ。

アプリをダウンロードしたら、見せてもいい写真をカメラロールで選択すれば、友人はそうしたものだけをアプリ内でスワイプして閲覧できる。

もちろん、もし友人がアプリを閉じてダイレクトにカメラロールを立ち上げたら?という心配もあるだろう。そんなときは、アプリを閉じるのにパスコードを入力するように設定できる有料バージョン(0.99ドル)を使うといいだろう。

これだと、勝手にカメラロールをのぞくということはできない仕組みなので、安心して端末ごと渡せる。ちなみに、無料バージョンでは写真5枚まで選択可能で、有料バージョンには制限はないようだ。

人に見せたくないプライベート写真がカメラロールにたくさん入っているという人にとって、活用度が高いアプリかもしれない。

Overswipe

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP