ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、「SM-T360」「SM-T365」の型番を採用した新たなGalaxyタブレットを開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungが「SM-T36X」の型番を採用した新しいタブレット端末を開発していることがスウェーデン向けの公式サイトで判明しました。現地の公式サイトには、「SM-T360」と「SM-T365」の2つの未発表型番のサポートページが公開されており、今回の新機種のことが噂されています。SM-T3XXシリーズはGalaxy TabPRO 8.4やGalaxy Tab 3/4の8インチモデルに割り当てられており、今回の「SM-T36X」は画面サイズ8インチ台のミドルサイズの機種と推測されます。サポートページに製品に関する詳細は掲載されていませんが、サポートページが公開されたということで、年内にも発売されるものと予想されます。Samsungタブレットの型番規則からすると、「SM-T360」はWi-Fiモデル、「SM-T365」はLTEモデルになります。Source : Samsung(1)(2)、SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Android “L”でアプリドロワーのアイコンの並び順が変更される
Sony Mobile、一部のアイコンを刷新した「ムービー」アプリの新バージョン 7.1.A.0.4の配信を開始
Samsung、世界初のAndroidを搭載したスマート複合機を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。