ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子役・はるかぜちゃんが明かした「LINEいじめ」の実態とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 月間50万人が訪れる人気ブログ『まだ東京で消耗してるの?』を主宰するプロブロガーで、『武器としての書く技術』(中経出版)など多数の著作を持つイケダハヤトさんが、ネット上の気になる話題を紹介。今回はLINEいじめのお話です。

 * * *
 先日、元・子役で現在中学2年生になるタレント、春名風花さん(通称「はるかぜちゃん」)が「完全犯罪」というタイトルのブログ記事をアップし、実に2万人以上から「いいね!」を集める大反響を得ました。

 彼女は子役時代から、いじめ問題に関する提言を積極的に発信しており、ネット論壇では常に注目を浴びている人物です。その彼女が今回、指摘したのは、「LINEいじめ」の実態。特に恐ろしいのはグループ機能を使った、「LINE外し」という新しいいじめだそうです。はるかぜちゃんは、以下のように書いています。

〈LINEの会話は、そのグループ外からは見えない。(中略)ひとつのグループを作ってそこにいじめ対象を招待し、もうひとつ裏で、その子を外したグループを作り 友だちぶって会話し、(中略)その子を観察しては、裏グループで反応を笑い合う。(中略)被害者本人にもなにがどうなっているか分からないし(中略)ヤバくなれば、その裏グループごと消せばいいだけ…〉

 この記事で彼女は〈いま いじめは「完全犯罪」が可能になりました〉と指摘しています。いじめの証拠を抹消することは、もう簡単なのです。ぼくたち大人は、LINEをはじめとするテクノロジーによって、「いじめ」が新しいフェーズに移ったことをよく認識すべきなのでしょう。今この瞬間も子供たちが、どこかで苦しんでいるかもしれないのです。

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
韓流ペンのLINE使いこなし術 限定新曲やチケットも入手可
「舞祭組(ぶさいく)」に力を入れる中居正広 その真意解説
LINEの上場観測に伴い賑わいを見せる関連銘柄を専門家が紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP