体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ!狩りガール no.10 狩猟した獲物を新しい地域ビジネスに!解体処理場を見学。(目指せ!狩りガール)

目指せ!狩りガール no.10 狩猟した獲物を新しい地域ビジネスに!解体処理場を見学。(目指せ!狩りガール)

今回は一般社団法人 大日本猟友会さんのサイト『目指せ!狩りガール』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://otajo.jp/40064をごらんください。

目指せ!狩りガール no.10 狩猟した獲物を新しい地域ビジネスに!解体処理場を見学。(目指せ!狩りガール)

ありちゃん:食べることが大好き、アウトドアもちょっと好きな会社員。ひょんなきっかけから「ハンター」を目指すことに。東京都内在住。

カリタロー:狩りガール活動を応援するジビエ好きの犬。ありちゃんと一緒に勉強して、いつかカッコイイ猟犬になるのが夢。

だいぞう師匠:猟友会に所属している優しきオジサマハンター。自然のことにも詳しく、ハンター仲間として若者を育てています。

相原 和真(あいはら かずま)さん:伊豆市役所観光経済部農林水産課。自分でもわな猟免許を取りイズシカ問屋で狩猟や獲物の有効活用について勉強中。「わなにかかったイノシシは迫力があって、最初は目を合わせるのも怖かったです」。イズシカ肉の栄養成分にも魅力を感じ、「健康食として知ってもらいたい」とも話していました。

目指せ!狩りガール no.10 狩猟した獲物を新しい地域ビジネスに!解体処理場を見学。(目指せ!狩りガール)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://otajo.jp/files/2014/06/vol10_ttl.jpg

カリタロー:カリタローだワン。ありちゃんがレストランで食べているシカ肉も、もともとはハンターさんが獲った獲物。あのおいしいシカやイノシシのお肉は「解体処理場」っていうところで加工されてからレストランにやって来ているんだって。解体処理場で加工せずに、ハンターさんの獲ったお肉をそのまま店で出しちゃダメらしい!何が違うんだろう?
今回はその解体処理場を見学するために「伊豆市食肉加工センター『イズシカ問屋(どんや)』」に行くんだよ。でも、とっても「えいせいてき」な場所だからボクはお留守番になっちゃった。伊豆のおみやげ買ってきてくれるかなぁ。

ふえるシカ、困る里山。

だいぞう師匠:今日は伊豆市の解体処理場を見学させてもらいます。ハンターから持ち込まれたシカやイノシシを飲食店など流通用の食肉として加工する施設だよ。「おいしいのはじまり」を知るために、ありちゃんにはぜひ見ておいてほしい場所なんだ。

ありちゃん:はい。どうやって食肉にするのか、とても興味あります!前回の射撃場見学の時に虎谷さんが「捕獲した獣の肉がほとんど活用されずに廃棄されている」って話していたことも気になってて。でも……血とかニオイとか大丈夫かな。ちょっと心配。

だいぞう師匠:うん、ありちゃんはどんな感想を持つだろうね。今回はもう一人同行するよ。私の親戚で野生動物や自然環境について勉強中の健太くんだ。

健太くん:ありちゃん、はじめまして!実はボクも狩猟や捕獲した動物の有効活用に興味があるんです。処理場も初めてなのでワクワクしています。

ありちゃん:若手男子が狩りに興味あるなんてうれしい!よろしくです。

だいぞう師匠:では、「イズシカ問屋」に入ろう!

目指せ!狩りガール no.10 狩猟した獲物を新しい地域ビジネスに!解体処理場を見学。(目指せ!狩りガール)

イズシカ問屋入り口。マークは伊豆半島と鹿をデザイン。
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://otajo.jp/files/2014/06/vol10_photo01.jpg

1 2 3 4 5 6次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy