体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『マレフィセント』の美しい映像はこうして作られた! 日本人クリエイター・三橋忠央さんインタビュー

マレフィセント

ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で愛され続けている『眠れる森の美女』。その物語に隠されていた、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語を描いた映画『マレフィセント』がいよいよ7月5日より全国公開となり、3月14日の公開以来16週連続1位だった『アナと雪の女王』を抜き、興行収入第1位を記録しています。

先日アンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニングが来日し、豪華なジャパンプレミアを行ったことも記憶に新しい本作。主人公は、『眠れる森の美女』のヒロイン、オーロラ姫……ではなく、彼女に“永遠の眠り” の呪いをかけたディズニー史上最強の悪役=マレフィセント。55年前に発表された『眠れる森の美女』で描かれたのは、オーロラ姫の誕生を祝う王家のパーティーに“招かれざる客”マレフィセントが現れ、パーティーに呼ばれなかった腹いせにオーロラ姫に“禁断の呪い”をかけてしまうという事。

しかし、招かれなかっただけの理由で、なぜ彼女は恐ろしい呪いをかけたのか? これは半世紀以上の永い間、ディズニーが封印してきた禁断の秘密。映画『マレフィセント』ではその謎を解き明かし、“永遠の眠り”の呪いが生んだ究極の愛の物語を描いています。本作の見所はなんといっても美しい映像、そして物語から飛び出してきた様なピクシー(妖精)たち。

マレフィセント

本作で、技術開発の一員となりピクシーのしわや、マレフィセントの翼の模様・質感の部分を担当しているのが日本人クリエイター・三橋忠央さん。サンフランシスコの美大Academy of Art College(現・University)の大学院を卒業後、ハリウッド映画のVFX制作に携わり『マトリックス・リローデッド』『マトリックス・レボリューションズ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『トロン:レガシー』『47RONIN』など多数作品に参加。欧米のハイエンド映像制作現場における14年間の経験をベースに、近年は日本での活動も展開しており『あしたのジョー』ではVFXスーパーバイザーとして、日本映画テレビ技術協会・映像技術賞を受賞しています。

今回は三橋さんに『マレフィセント』の見所や、最新のCG事情など色々とお話を伺ってきました。

マレフィセント

――『マレフィセント』を拝見して、あまりにも美しい映像の連続に「どうやって作ったんだろう」と驚かされました。もう、何からお聞きして良いか分からないほどで……。

三橋:そうですね、この映画は技術的に大きな革新があったと思います。オーロラ姫を16歳になるまで守るピクシー3人をデジタルで作るという大変なチャレンジに、「デジタル・ドメイン」社の技術力が期待されて実現したという流れです。デジタルでピクシーを作る際に、人間のプロポーションとは全然違うのでフルCGで作らなくてはいけないという部分が一番の課題で。『マレフィセント』のピクシーはまた人間にも戻りますから、その時にも自然に見えなくてはいけない。大きく見た目が変ってしまってはいけないんですね。

マレフィセント マレフィセント

モーションキャプチャーという技術を使うと、実際の人間の顔の動きが反映されますが、キャプチャーしたものをそのまま使わなくてはいけなくなります。そこから手を加えるとなると、自由度が効かなくて、キャプチャーする数も増えるので膨大な時間がかかってしまいます。それが、デジタル・ドメインが持っているモーションキャプチャーの技術では人間の骨格・筋肉をどの様に動かせば、どの様な表情になるかというのを解析する事が出来るんですね。これを使う事によって「もうちょっと笑って」とか「もう少し悲しそうに」といった微調整が後から可能になるわけです。このピクシーにどれだけ感情移入出来るかどうかが、物語の成功の肝だと思っていましたので、とてもこだわっています。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。