ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で最初に流れたテレビCMはどこの企業? あの有名企業だった!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


テレビ放送が始まり61年が経とうとしている。テレビといえば大事なのはスポンサーである。スポンサーによるお金でテレビ制作は行われている。スポンサーは番組途中にコマーシャルを流してもらい、宣伝してもらうことが目的。そんな日本最初のテレビCMはどこの企業が流したのだろうか?

調べてみると、みんなが知っているあの企業であったことが判明。大手時計会社セイコーが日本初のテレビCMを流したのだ。全編アニメーションで作られたこのCMは製品のCMというよりも時間をお知らせする内容になっており、「7時をお知らせします」よいうもの。

当時は精工舎だったセイコーはこのCMを1953年(昭和28年)8月28日に日本テレビにて放送。しかしサウンドトラックフィルムが裏になっていたため、音がない映像だけのものとなってしまった。最初の放送が放送事故である。午後7時の時報は問題なく放送された。

では日本初のラジオCMはというと、これまたセイコーにより7時をお知らせする時報。

Seiko 日本初のテレビCM

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP