ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長渕剛が“生き様”を語り尽くす55分、TOKYO FM「長渕剛 STAY DREAM」7/6放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TOKYO FMでは、7月6日に初のオールタイム・ベストアルバム「Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。」をリリースする長淵剛を迎えて、音楽に込めた思いや、自身の“生き様”を語り尽くす55分の特別番組「TOKYO FMサンデースペシャル 長渕剛 STAY DREAM」を、7月6日19:00から放送する。

今回、長渕剛の対談相手をつとめるのは、長渕の大ファンで、「長渕の歌で人生が変わった!」と公言するマンボウやしろ。「今日は長渕さんを尊敬の意味を込めて『アニキ』と呼ばせていただいてもよろしいでしょうか?」というマンボウやしろに、長渕が「いいっすよ!」と快諾して、男2人の対談がスタートした。

番組では、7月6発売の最新アルバム「Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。」、そして、6月19日発売の書籍「長渕語・録 ぼちぼちしてらんねえ」の中から、長渕剛だからこそ紡ぎだせる「歌詞」や「言葉」に注目。「死んだら 灰になるだけさ、と笑ってみた」「真っ直ぐ 真っ直ぐ もっと真っ直ぐ生きてえ。」「とにかく戦わないと、いいもんはできない」など、心に刺さる「歌詞」や「言葉」をひもときながら、長渕剛の音楽への思い、生き様に迫る。

「人一倍弱虫だった自分が、立ちあがるためには“歌”しかなかった」という長渕剛。オールタイム・ベストに収められた58曲については「過去の1つ1つの曲は、自分にとっての“傷”。成仏させたつもりでも、こうやってオールタイム・ベストを出すと、過去の58曲の“悪者たち”が押し寄せてくる!(笑)」とホンネを明かす場面も。さらに今後については「歌は形がなく、心に沁みていくもの。誰が創ったかどうかは関係ない。歌そのものを残していくのが僕の役目」と語った。そして番組の最後には、そんな長渕剛が今一番好きな言葉が明かされる。

番組概要
「TOKYO FMサンデースペシャル 長渕剛 STAY DREAM」
放送日時:2014年7月6日(日)19:00~19:55
放送局:TOKYO FM
出演者:長渕剛、マンボウやしろ

関連リンク

長渕剛 オフィシャルサイト「LIVE ON」http://www.nagabuchi.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP