ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キッズニュース】6月にひょうが降った!!なんで太陽に近い上空の方が寒いの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

例年ならそろそろ夏本番を迎えようかという6月終わり、東京でまさかの雹(ひょう)が降った。その原因について気象庁は、「上空に強い寒気が流れ込んでいるため」などと言っているが、正直あまり納得がいかないおともだちもいるのでは?全然寒くないのに、むしろ暑いのに、なんでひょうが降るの?
今回のひょうが降った原因は、上空にマイナス12度という寒気が入ってきて、地上の26度という温度差から積乱雲が発生し、この雲が大量のひょうを降らせた、とのこと。
このひょうとはまた少し違う話になるけど、そもそも地上よりも空の方が気温が低い(寒い)のはなぜだろう。太陽に近いのだから、空の方が暑くてもおかしくなさそうなのに。
その理由には2つのことが関係している。1つは「気圧」の違い。2つ目は「太陽からの光」。空の上に行けば行くほど、空気の量が少なくなって「空気の圧力(気圧)」が下がる。気圧下がれば下がるほど温度も下がる性質があるから、上に行けば行くほど温度が低くなるんだね
次に「太陽からの光の影響」については、太陽に近い上の方が温度が上がりそう、とも思うが、考えてみると、日本一高い山・富士山でもその高さは3776m。地球から太陽までの距離は約1億5000万kmもあるのだから、たった4km近づいたとしてもそこに大した違いはないんだね。また、太陽からの光に関して勘違いしてはいけないのが、「太陽は熱を直接送ってきているわけではない」ということ。太陽から降り注いでいるのは「太陽光」と言って、光なんだ。この光は、地面などに当たった時に熱になる。だから、光が当たる地面などが無い空の上では、光は光のまま、熱にはなりにくいんだ。
空の方が寒い、というのは知っているけどなんで?と聞かれると分からなかったおともだち、わかったかな?

【Nicheee!編集部のイチオシ】
アメリカ西海岸を泳いでいると、神秘の深海魚が近づいて来るかもしれない!
エイリアンの如く“取り込む”イソギンチャクの捕食、一つの生命が最期を迎える瞬間
みんなのトラウマ!脅威の水棲生物「ジャイアントグリーンアネモネ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP