ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

選挙運動に従事するスタッフの「おやつ代」はいくらか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 小中学校の遠足。「おやつ代」で許容される金額に一喜一憂し、『バナナはおやつに含まれるか?』が議論になった人は多いのではないでしょうか。
 さて、選挙のときに各候補者のサポートをする人(具体的には、選挙運動のために使用する事務員)たち。

 この人たちに許された「おやつ代」は1日いくらでしょうか?

(1)1日500円
(2)学校の遠足ではあるまいし、金額に定めは無い。

A.

正解(1)1日500円

 公職選挙法施行令の129条(公職選挙法197条の2も参照)では、選挙の候補者がかかえる事務員に対して支払える金額の詳細が定められています。その中で茶菓料は1日につき500円と定められています。茶菓料は、いわゆるおやつ代と考えて差し支えて構いません。
 昨今500円と言えば、スナック菓子にペットボトル入りのジュースを買えば、あっという間に消えてしまう金額です。なかなか節制しないとおさまりません。その他、弁当は1食1000円、宿泊料は1泊1万2000円までと、事細かに定められています。
 こうした金額の定めは、いわゆる「政治とカネ」の関係をクリアにして、公正さを確保することに狙いがあります。

元記事

選挙運動に従事するスタッフの「おやつ代」はいくらか?

関連情報

8億円の熊手が引き寄せたもの(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
検察審査会とは(法律用語)
首相公選制とは(法律用語)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP