ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豚レバ刺し禁止方針の厚労省 寿司やステーキも規制するのが筋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気メニューだった牛レバ刺しが焼肉店から姿を消して約2年、厚生労働省がまた暴走を始めた。代用品として人気を集めている「豚レバ刺し」をも新たな規制対象と決めたのである(実施時期は未定)。

 厚労省は豚レバー規制にあたり、「過去10年間で豚生レバーが原因と考えられる5件の食中毒が発生した」と主張している。しかし、そうした「数の論理」でいえば、この規制の根拠はもっと怪しくなる。

「平成25年食中毒発生事例」(厚労省調査)によれば、昨年は全国で931件の食中毒が発生している。患者として病院などで処置を受けたのは2万802人だ。

 このうち豚レバ刺しが原因のものは2件・8人しかいない。

 他の食品による食中毒と比較しても多いとはいえない。食中毒のうち、最も多いのは鶏肉(生食)で34件・200人。上位は、きのこ類34件・138人(うち死者1名)、サバ29件・68人、ヒラメ23件・233人、生カキ21件・159人と続く。他には、牛肉(加熱処理)が9件で147人、貝類も6件で451人の患者が出た。

 豚レバ刺しの消費量はこれらの食品よりもかなり少ないが、それを勘案しても豚レバ刺しが必要以上に“凶悪犯”扱いされた感は否めない。

 本気で食の安全を考えているという理屈を通すのであれば、厚労省はきのこや貝類も対象にしてしかるべきだし、寿司やステーキ、鳥刺しだって規制しなければおかしいはずだ。ある畜産業者がいう。

「レバーなら、数ある肉の部位のひとつなので、畜産業者の不満を抑え込めると厚労省は踏んだのでしょう。もし貝類やきのこなどを規制することになれば、漁協や農協を完全に敵に回すことになる。

 結局、やりやすいところだけを規制し、“対策はちゃんとやってます”とアリバイ作りしたことが透けて見えるから腹立たしい。今後は鳥など別の動物の臓物や、センマイ、ハラミなど他部位の臓物へと規制が広がっていかないか心配です」

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
厚労省が豚レバ刺しも禁止の方針 現在のレバー提供状況は?
森永卓郎氏 レバ刺し禁止令に「あの旨さ失わせるのは暴挙」
全面禁止の牛レバ刺し 食中毒被害者出した食物はもっとある

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP