ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラトビア共和国の「ヤクザレストラン」に行ってみた! 鶏のやくざバーガーもあるよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラトビア共和国のリガにあるヤクザレストランです。店内は至って普通の日本食レストランで、厳ついおじさんとかも居なかったりします。まぁ、そんなもんですよね。

<日本の海苔巻きとちょっと違う>
というわけで、頼んだのはヤクザロール。表面はとびっこで覆われていて、具材はクリームチーズと胡瓜と鰻と海苔。最近は、日本の回転寿司でもカリフォルニアロールがあったりしますが、日本の海苔巻きとちょっと違ってたりします。

<海苔の外側にご飯を巻く>
普通の巻物は、具材をご飯で包んで、表面に海苔を巻きますが、海外で人気の巻物は、具材を海苔で巻いて、海苔の外側にご飯を巻きます。

<味付けが濃いのを好む?>
そして、表面はご飯のままだったり、ヤクザロールのように、とびっこをまぶしたり、ゴマをまぶしたりします。ご飯が表面にあったほうが醤油が染み込みやすいかららしいです。味付けが濃いのを好むようですね。

<定番のメニュー>
さて、お寿司にクリームチーズと言うと、怪訝な顔をする人もいますが、フィラデルフィアロールがクリームチーズの入ったお寿司ですが、カリフォルニアロールと並んで海外のスシでは、定番のメニューです。

<こってりした味>
カリフォルニアロールには、アボカドが入っていますが、アボカドやクリームチーズのようなこってりした味が好まれているみたいです。

<脂分を補うためにチーズ>
日本の寿司で食べられるような脂の乗った新鮮な魚が海外では流通してないので、脂分を補うためにチーズとかが巻物に入るわけです。天ぷらの入った巻物も人気ですね。

<わさびは適量を自分で>
海外では、ワサビが苦手な人も多いので、サビ抜きで出てくることが多いです。なので、わさびは適量を自分でつけます。醤油に溶いちゃう人も多いですね。

<生食できる鮮魚はほぼ流通してない>
あと、日本以外の国では、生で食べれるレベルの鮮魚はほぼ流通してないので、冷凍が基本ですよ。というわけで、名前のインパクトに比べると、料理はまともで、おいしかったです。あ、海外のスシ屋としては、、、ですよ。

By Hiroyuki
Post: GoTrip

http://gotrip.jp/





↓テラス席もあります(写真のキャプションは編集部が執筆)

↓店内です

↓サングラスをかけたお相撲さん?


↓こちらが料理の数々





↓芸者巻き

↓じゃがいも(フライドポテト)

↓焼きやくざダック

↓パン粉にわとり

↓鶏のやくざバーガー

↓やくざセット

↓みそしろ


Post: http://gotrip.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP