ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石田純一の娘・すみれ 新恋人は元恋人の親友で有名俳優の弟

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 石田純一(60才)とその前妻・松原千明(56才)の娘であるモデルのすみれ(23才)と、早乙女太一の弟で俳優の早乙女友貴(18才・さおとめゆうき)との熱愛が発覚した。

 6月24日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に母・松原千明(56才)とともにハワイの実家から生中継で出演したすみれ。その7時間前、ホノルル空港には友貴が降り立っていた。

 友貴を迎えにきたのは、すみれの母・松原だった。友貴は挨拶を済ませると、トランクに荷物を詰め込み、車に乗り込む。そして松原と友貴が向かった先は、車で20分ほどのハワイカイにあるすみれの実家だった。

 実はすみれには忘れることができない悲しい恋の過去があった。2012年11月に、かつて交際していたアクション俳優・玄也さん(享年23)が自殺をしたのだ。

 元恋人の死に打ちひしがれるすみれを励ましたのが、新恋人・友貴だった。

「亡くなった玄也くんと太一くん・友貴くん兄弟は古くからのつきあいで“親友”の間柄でした。特に玄也くんと友貴くんはふたりで舞台を見に行ったり、とにかくつるんでいましたね。すみれさんと玄也さんがつきあっているときには、3人で一緒にご飯を食べに行ったこともあったそうです」(舞台関係者)

 友貴にしても、親友である玄也さんの死は堪えただろう。しかし、そんな悲しみを心の奥底にひた隠しながら、彼はすみれを支えたのだった。

「友貴くんは普段から口数が少ない寡黙な男です。まだ18才なんですが、本当に大人びていて…。そんな彼だからこそ、すみれさんのつらい気持ちを理解して、ただひたすら彼女の話を聞いてあげたみたい。そして、最後に一言、“すみれのせいじゃないよ”と優しく声をかけてあげたそうです。彼女にとって、その言葉は本当に支えになったみたいで、次第に彼なしでは生きていけないほど、大きな存在になっていたそうです」(前出・舞台関係者)

“元彼の親友”という“衝撃の男”を新しいパートナーに選んだすみれ。“悲しみ”から始まったふたりの恋だが、今ではすっかり立ち直り、前へと進んでいるようだ。

「すみれさんは6月上旬からハワイへと帰省していたんですが、一方の友貴くんも6月はずっと舞台の公演があって、離ればなれでした。でも、友貴くんは“国際電話だから電話代が高くて困る”なんて嬉しそうに話していたそうです。そして舞台が千秋楽を迎えた翌日にハワイへと向かったんです」(前出・舞台関係者)

 6月29日、ふたりは厳戒態勢のなか、成田空港に帰国。まず姿を見せたのはすみれ。マスクで顔を隠し、迎えの車の後部座席へと乗り込む。それから10分後、今度は友貴がゲートから出てくる。そして、先に彼女が乗った車の後部座席へと時間差で乗り込んだ。

 ふたりを乗せた車は、都内にある友貴のマンションへ。翌朝には、すみれが、そこから新CM記者発表会の仕事へと出かける姿も確認している。

「ここは友貴くんの実家で、彼のご両親も住んでいます。すみれさんは居候みたいな形で、ひとつ屋根の下で一緒に暮らしているんですよ。まだお互いに若いですから、すぐに結婚とかはないでしょうけど、いつ結婚してもおかしくないほど、ふたりは固い絆で結ばれているんです」(前出・舞台関係者)

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
石田純一長女すみれの元恋人が自殺 第一発見者は早乙女太一
石田純一長女すみれ 小学校時代「文化の子」といじめられた
武田久美子 アメリカ人男性と離婚「専業主婦望まれなかった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。