ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日に活躍。大量の洗濯物をスムーズに取り込む方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日恋も仕事も忙しい! そんな人にオススメの「女子のための時短術」。かんたんにできる時短テクニックをつかって、自由な時間をGETしましょう。

ただでさえ憂鬱な梅雨もストレスオフ! 洗濯物を手早く取り込むテクニックを紹介します。

取り込む効率を考えて干す

タオル、Tシャツ、スカート、タオル…とばらばらに干すと、取り込むときにもひと苦労。

「ここはタオルスペース」、「ここはTシャツ」、とジャンルごとに場所を固めて干せば見た目がスッキリ。取り込むときも同じ動作を繰り返すだけなので、スムーズに片づけられます。

ハンガーにかけたまま収納

シワができやすい服や、Tシャツなどハンガーにかけて収納できるものは吊るしたままでOK。物干し竿からそのままクローゼットに移動させましょう。

その際ハンガーはできれば針金のものではなく、クリーニング屋さんのハンガーを使う方が服の形が崩れにくくてオススメ。あらかじめ干す段階で準備しておきましょう。

クローゼットの前でたたむ

取り込んだ洗濯物の束は、そのままクローゼットの前まで持っていきましょう。ソファーの上やリビングにいったん置いてからたたむより、たたみながらタンスに入れればひと手間はぶけます。

取り込んだ勢いでそのまま片づけられるので、洗濯物が山積みになるストレスも減らせますよ。

Washing day image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
雨の日でもドライヤーいらず! ササッとかんたんヘアセット
忙しい朝でも納得のいくコーデでキメる、3つのテクニック
悩む時間自体をカット! ストレスなく断捨離ができる判断法
病院に行く時間がない! 熱を最短で下げる応急処置テクニック
イヤ〜なタバコのニオイを、即効で消すテクニック
自炊をスピーディに! 野菜を手早く切る調理テクニック
すぐにつかえる! スマホの急速充電テクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP