ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冨田ラボ、初の音楽書『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽プロデューサー、冨田恵一(冨田ラボ)による初の音楽書、『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』が7月18日(金)に発売される。

『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』は、スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンが1982年にリリースした初のソロ・アルバムであり名盤の誉れ高い『ナイトフライ』を冨田ラボが研究した一冊。CMソングとして誰もが耳にしたことがあるであろう「I.G.Y.」をはじめとするアルバム各曲の解説から、1982年という時代にこの作品が残したものまで、ディープに味わい尽くす研究書となっている。

「本書は《The Nightfly》を題材に、20世紀の録音芸術がどのような技術と工夫のもとに作られたのかを、誰にでもわかるように解説した。その豊かな芸術性を理解するヒントになれば、これほど嬉しいことはない。(「はじめに」より)」。リスナーのみならず、プロデューサーやエンジニア、プレイヤーなど、音楽制作現場に携わる方におすすめしたい作品だ。(岡本貴之)

『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』
2014年07月18日(金)発売
2,160円(税込)
DU BOOKS

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP