ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オンキヨー、業務・教育利用をターゲットにした7インチAndroidタブレット「SlatePad TA07C-55R2」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンキヨーデジタルソリューションズは7月2日、業務・教育利用をターゲットにした7インチAndroidタブレット「SlatePad TA07C-55R2」を発表しました。出荷開始日は7月25日です。製品は主に法人向けに販売されますが、個人向けにも販売されます。公式通販ショップでの販売価格は11,000円+税です。「TA07C-55R2は、7インチ1,024×600ピクセルの液晶ディスプレイとRockchip RK3026 1.0GHzデュアルコアプロセッサ(ARM Cortex-A9 GPU+Mali-400MP2 GPU)を搭載した小型のAndroidタブレット。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Google Playには対応していません。製品の特徴は質量315gの軽量なボディとその価格です。メモリは1GB RAM(DDR3)と4GB ROM(Micro SDカード対応)を搭載。カメラは背面に200万画素と前面に30万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/nにのみ対応しています。このほか、マイク、スピーカー、Micro USB端子、3軸加速度センサーも搭載。バッテリー容量は3,000mAh。筐体サイズは192 × 117 × 11.5mmとなっています。Source : ONKYO


(juggly.cn)記事関連リンク
Lookout、誰かがスマートフォンを勝手に使おうとしたことをメールで知らせる「盗難アラート」機能を日本ユーザーにも提供開始
LG G Pad 7.0の予約受付が米国で開始、価格は$149とリーズナブル
MicrosoftはAndroidタブレット用Officeのベータテストプログラムを実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP