ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB入山杏奈が笑顔を封印して熱演!「いつもと違う私が見れます」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニコニコ動画、YouTubeなど関連動画再生数5,000万超、大人気フリーゲームを実写映画化した『青鬼』に出演した入山杏奈(AKB48)が、映画初主演作品となった本作への挑戦を回想するとともに、笑顔を封印して熱演した初めて観る”あんにん”の姿に太鼓判を押した。

本作は”青鬼”という一度観れば忘れない巨大なクリーチャーに襲われる6人の高校生が経験する恐怖を描く決死のゲーム・ムービーで、”あんにん”の映画初主演作。当初プレッシャーに押し潰されそうになったそうだが、「本当にわたしで大丈夫かな? って、いう気持ちが撮影に入る前にどんどん強くなりました。撮影前、リハーサルの回数も多かったので、その過程で皆さんに支えられ、自信につながりました」と、成長したことを明かす。

単独主演は、AKB48を離れたソロワーク。違う環境に戸惑ったものの、その差を意識した時に映画の現場の醍醐味を知った。「AKB48でいる時は劇場とかライブとか、ステージは生ものなので、その場にしかない雰囲気が毎回違いますね。映画の現場は、時間が許す限り、最高にいいものを作ることができるというか、皆が毎回そういう意識。それがすごいなって思いました」。しかも、アイドルの顔も封印! 初めて観る”あんにん”が、そこにいる。

入山もうなずく。「今回はほぼ笑顔はないですね(笑)。そういう意味では、別なわたしが観られます(笑)。いつもと違ってAKB48の外に一歩踏み出しているので、いろいろな方々に観てほしいです!」と、自信いっぱいにアピール! 彼女の本気、ファン以外にも届け!




映画『青鬼』は、2014年7月5日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー!

【参照リンク】
・『青鬼』公式サイト
http://aooni-movie.com/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP