ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

艦これの艦娘を見て「かわいいじゃないか」と元乗組員が喜ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年4月からサービスが開始されたオンラインゲーム『艦隊これくしょん=艦これ=」が、若者たちを中心に大ヒットし、新たな「軍艦ブーム」の火付け役となっているが、元帝国海軍の軍人たちは今の状況をどう思っているのだろうか。

 ゲームの内容は、帝国海軍の軍艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」と呼ばれる美少女キャラクターを戦わせながら育てるものだが、イギリスで造られた「金剛」が帰国子女になっていたり、戦艦のキャラクターばかり出撃させると燃料や弾薬が不足するというように、史実に即した設定もなされている。

 当初の予測を上回る爆発的な人気のために、ゲームへの登録を抽選制にするなどの措置も取られ、そのユーザー数は実に150万人を超えているというからその勢いたるやまさに「超弩級」だ。

 さらに、その人気はゲームの枠にとどまらない。軍港周辺では、カレー店が「艦これ」のキャラクターをモチーフとした軍艦カレーを開発したり、コンビニが店中を「艦これ」ポスターで飾り立ててアピールするなど、戦争特需ならぬ「艦これ特需」に沸いている。

 全く新しい形で訪れた突然の軍艦ブームに、実際に乗組員として戦った元帝国海軍人は何を思うのか。軽巡洋艦「矢矧」(やはぎ)の乗組員だった池田武邦氏(90)に、「艦これ」について説明し、ゲーム内の「矢矧」とご対面して頂いた。

「かわいいじゃないか。うん、いい子だよ。こういうのが人気あるの?」

──はい。大ブームです。

「しかし、驚いたねえ。男の子は興味ないのか?」

──むしろ男性ファンが多いです。

「そうかそうか。面白いなあ」

──こういうブームをきっかけに、歴史に興味を持つ若者が増えるかもしれません。

「まあ、それはそれでいいわな(笑い)」

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年1月24日号


【関連記事】
艦これ「生みの親」 週刊誌掲載の元乗組員の感想に感慨無量
連合艦隊旗艦「長門」 最期の務めは米ビキニ環礁核実験標的
中国による他国領支配の常套手段は漁船に偽装した軍艦派遣

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP