ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

津田塾大学女装替え玉受験事件 試験日2日目に父の女装発覚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人生がかかった大学入試は、その“必死さ”ゆえに不祥事も尽きない。そんな中、受験史上最大の珍事件といえば、1975年の「津田塾大“女装”替え玉受験事件」だろう。娘の代わりに、父親が女装して受験。しかも発覚したのは2日目の試験で、初日はバレずにスルーしていたというから、驚きだ。

 当時、事件を報じた『週刊朝日』などによれば、父親はレンガ色のパンタロン姿で受験。横に座った受験生の「男かも?」という通告で、翌日にチェックした大学側によって発覚した。のど仏は白いタートルネックで隠していたが、骨ばった手と老け顔は如何ともし難かった。

 父親は高校教師で、娘も成績優秀、なにもそこまでしなくとも……。替え玉受験は1991年に、お笑いタレントなべおさみもかかわった明治大でも発覚(“替え玉された”のは息子で現在お笑いタレントのなべやかん)。ちなみに替え玉は「有印私文書偽造」という立派な犯罪です。

※週刊ポスト2014年1月24日号

【関連記事】
就活の「WEBテスト」 替え玉受験の横行で東大生がモテモテ
とんこつラーメン店 替え玉無料にしてなぜ店は儲かるのか?
佐世保小6同級生殺害事件を振り返り家族他関係者取材した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。