ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菊池桃子 障がいの後遺症持つ長女の受験奮闘記を報告する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

<今日は、娘の入学を前に制服採寸に。寸法合わせで、試着の学生服に身を包む娘を見たら、いつもより幼さが消えて見えまして…「大きくなったなぁ~」と不覚にも、涙がこぼれた私です>

 2月16日、こうブログで喜びを綴ったのは、現在、シングルマザーとして奮闘する菊池桃子(45才)だ。

 小学6年生の彼女の長女(12才)は、2月1日に都内の有名私立女子中学を受験。難関を突破し、見事、志望校に合格したのだ。

 1995年5月、プロゴルファーの西川哲(45才)と結婚した菊池。1996年8月には待望の長男(17才)が誕生。一家は幸せの絶頂を迎えていた。

 しかし、順風満帆な結婚生活を送っていた菊池に悲しい出来事が起こる。1999年2月、彼女は第2子を流産してしまうのだ。そんな悲劇を乗り越え誕生したのが長女だった。だが、菊池への試練はさらに続く。

<2001年10月に生まれた長女が、乳児期に脳梗塞を発症しました。今はお陰様で成長の助けと、リハビリが功を奏し、独歩も可能ですが、左の手足に麻痺が残っていることは否定できません>

 ある女性誌のインタビューで、菊池自身がこう明かしているように、長女は障がいの後遺症を抱えて生きていくことに。

 そして2008年4月には、お受験を突破して有名人の子供が数多く通う有名私立小学校への入学を果たした。しかし…、

「学校生活を送って行くなかで、支障をきたすことも多かったのか、途中で肢体不自由児を対象とした特別支援学校へ転校することになりました」(菊池の知人)

 何度も何度も壁にぶつかり、苦悩する日々。そんな葛藤を繰り返すなか、2012年1月、菊池は夫・西川と離婚する。彼女は離婚の原因については一切明かさなかったものの、西川の多額の負債や女性問題が明らかとなった。しかし菊池は、慰謝料や養育費を西川から一切受け取らなかったという。

「離婚の際に慰謝料や養育費を主張しようと思えばできたんですが、西川さんには多額の負債があったため断念して、菊池さんは女手ひとつで子供たちを育てていくことを決意したんです」(前出・菊池の知人)

 そして子育てとともに彼女の肩にのしかかったのが高齢の母の介護だった。

「最近、菊池さんのお母さんの足の具合がよくないようで、その面倒も見なければならず、仕事を全開というわけにはいかないんです」(前出・菊池の知人)

 さらに長女と母のために、昨年5月にはバリアフリー設計の1億2000万円といわれる新居も購入している。経済的にも負担が大きいなか、長女が有名私立中学の受験を志す。

<娘が…中学は女子校に通ってみたいなと、言うので、女子校の見学会に出かけました。あらゆる希望と可能性は、伸ばしてあげたいと思うので、大人の目でリサーチです>(2012年11月18日のブログ)

 きっと障がいにも負けず、勇気を持って歩み出した娘の姿に目頭を熱くしたことだろう。

 だが、この母娘には新たな困難が待ち受けていた。菊池は自らのブログで、私立中学校の受験資格には「心身ともに健全な者」と記載されていることが多く、障がいを持つ長女は受験資格すら与えられない学校もある、と綴っている。

<今日も2つの女子中学校で受験を断られてしまいました。試験の点数で不合格になるなら「もっと努力した人がいたんだよ」と、フェアな感じがするのですが。受験会場に行く機会まで断られるのは違う気がするのです(中略)娘は、自分の身体のことが、嫌いになったり、諦めることばかり覚えたり。自己肯定ができなくて…辛そうなんだもの>(2013年7月8日のブログ)

 その努力が実り、冒頭で紹介した通り、見事に「サクラ咲く」の朗報が届いた。

「娘さんが合格した学校は歴史あるお嬢様学校で、校則も厳しく、きちんとした教育が受けられるため、ここに入れたいと熱心になる親御さんも少なくありません。

 また制服もかわいいので、“あの制服が着たい”と志望する女の子も多いんですよ」(受験塾関係者)

※女性セブン2014年3月6日号

【関連記事】
複数の漢字を組み合わせて二字熟語を導く名門中学受験の難問
二字熟語は中学受験で最も出題が多い そんな問題を解いて!
漢字の成り立ちや書き順を問うパズルのような中学入試の難問

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP