ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

再ブレイク中のヒロミ 堺正章とクレー射撃で和解していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、数多くのバラエティー番組に出演し再ブレイク中のヒロミ(49才)。最盛期にはレギュラー番組10本、最高月収6000万円という“超”が付く人気者となったが、2004年5月、『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)の司会を降板すると、一気にレギュラー番組を失い、テレビで見かけることが少なくなっていった。

 最近になってヒロミはその理由を、「芸能界でレギュラーとか、何かめんどくせえなって。40才過ぎたら疲れちゃって。芸能界いいかなみたいな。商売みたいなのを何かやってみるかな」と語っているが、降板の本当の原因となったのは、同番組で8年近くコンビを組んでいた大御所・堺正章(67才)を怒らせたため、と報じられている。

「収録後のスタッフの飲み会で、ヒロミさんが“堺さん、最近ちょっとおもしろくないんですよね”と言った話が、堺さんの耳に入ってしまい、逆鱗に触れたというんです。堺さんが“もうあいつとは仕事できない”と言い出したことをきっかけに、ヒロミさんが降板となったそうです」(当時を知るテレビ局関係者)

 芸能界で影響力のある大御所を怒らせたヒロミは、一気に天国から地獄へと堕ちたというわけだ。

 ヒロミは2007年に出演した番組で、堺との関係について言及している。収録時間外に堺に対して「マチャアキさぁ~」と話しかけたところ、鬼の形相で睨まれたエピソードを明かし、「タモさんにはそれでよかったけど、堺さんにはダメだった」とも…。

 あれから10年の年月が経ち、ヒロミは堺に詫びを入れていた。

「ヒロミさんは多趣味で有名ですけど、そのひとつに“クレー射撃”があります。一時は本気でオリンピックを目指すほど、ハマっていました。その射撃を通じて仲よくなったのが岩城滉一さん(62才)なんです。

 その岩城さんと堺さんもクラシックカーレースや射撃など共通の趣味を持っていて仲がいいんです。それで岩城さんが“ヒロミは射撃上手だから一緒にやると楽しいよ”と堺さんに声をかけて、プライベートでも遊ぶようになり、ふたりは和解したそうですよ」(ヒロミの知人)

 実際、今年2月5日のブログで、ヒロミは《この前局で堺せぇんせいと会って5日射撃に行く約束してから二人で寒い中撃ってきた》と綴り、楽しく射撃に興じる2ショット写真まで載せている。

※女性セブン2014年3月20日号

【関連記事】
岡田美里 元夫の堺正章と久々に再会し「めちゃめちゃ気疲れ」
ダルビッシュ 元恋人・古閑美保が住んでいたマンション解約
有働由美子アナが髪切る 「ことは単純でない」とNHK関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP