ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山岸舞彩が東京マラソンノーパン情報 抜かれた男性が悔しがる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の男性たちが寒さをこらえて沿道で市民マラソンを観戦する理由は、「知人が出場しているから」でも「仮装ランナーが面白いから」でもない。ただ一つ、「美ジョガー(美人ランナー)たちを見たい」がためである。
 
 国内最大のマラソン大会である東京マラソン(2月23日開催)では、約7000人の美ジョガーが首都を駆け抜けた。その中で、男性たちの注目を最も集めたのが、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)キャスターの山岸舞彩(27)だったことは間違いない。
 
 山岸は被災地・石巻の高校生2 人とゴールでの再会を約束して出場。5 時間46分37秒で見事完走を果たし、その模様は番組でも放送されて視聴者の涙を誘った。だが、そんな山岸の当日の装いが、なんと“ノーパン”だったというのだ。
 
『NEWS ZERO』番組スタッフが証言する。
 
「当初、舞彩ちゃんはナマ脚に短パン姿で走る予定でした。しかし、短パンは風でヒラヒラして下着が見える危険があるということで、ロングスパッツを穿くことになったんです。
 
 ただ、そのスパッツの下にはパンティをつけていなかったと後日の収録時に本人が語っていました。女性ランナーの中にはスパッツだけで走る人もいるようですが、さすがに股の食い込みやお尻のラインが目立つのが嫌だったらしく、スパッツの上に短パンを穿いたそうです」
 
 113万人の観衆が見守る42.195キロの道のりをノーパンで激走……想像するだけでも胸が高鳴るではないか。20キロ過ぎの銀座エリアで山岸に追い抜かれた男性ランナー(54)は、
 
「左右に揺れるお尻目当てにしばらく食らいついていましたが、5分くらいで離されてしまいました。まさかノーパンだったとは……もっと粘っときゃよかった」
 
 と心底悔しがった。

※週刊ポスト2014年3月21日号

【関連記事】
山岸舞彩愛用スパッツ「下着つけるかは個人の好み」と担当者
山岸舞彩アナ 局内混雑で尻が接触しそうになりスタッフ狼狽
山岸舞彩アナの穴埋める杉浦友紀に「福井のスイカップ」の評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。