ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐・櫻井翔 ファン少年の死が現在の「仕事観」の原点になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月21日より全国東宝系で公開される映画『神様のカルテ2』。その映画に主演しているのが嵐の櫻井翔(32才)だ。今回、その櫻井がデビュー当時のこと、東日本大震災、そしてこれからの人生について赤裸々に語ってくれた。

 ジャニーズJr.として活動していた17才の初秋、嵐のメンバーとしてデビューが決まった。それは、突然訪れた人生最初の岐路だった。櫻井が当時を振り返る。

「共に過ごしてきた仲間たちと離れるのは、不安でしかなかった」(櫻井・以下「」内同)

 その仲間たちが、大学に進学し、やがてスーツを着て就活に入ると再び不安と焦りに怯えたという。

「誰もが60才くらいまでの人生を見通すなか、ぼくは来年のことも見えなくて…」。

 逡巡を繰り返しながら、立ち止まることなくここまで歩き続けた。デビューしてまもない頃、櫻井の迷いを断ち切らせる出来事があった。それは、櫻井を病床から応援する、ある少年との悲しい別れだった。

「その子が入院する病棟の天井には、嵐のポスターが貼られ、嵐の音楽を聴くと心電が振れるほど大切な存在に思っていてくれたそうです。ツアーが終わったら会いに行こうと思っていたのに、叶わぬまま帰らぬ人となってしまって…そのとき、原体験としてぼくの仕事が人のためになれるんだって痛感したんです。誰かのために何かをできる職業って素晴らしい。その喜びは何ものにも代えがたい」

 そしてその思いは東日本大震災を機にさらに大きくなった。

「東日本大震災の被災地では、ぼくらの音楽を聴いて、今日を頑張れる人がいると聞いて。時を経て、被災地だけでなく、応援してくれる人の思いのすべてを、背負い込めるだけ背負い込もうと誓ったんです」

 最後にこれからの人生、どんなふうに生きていきたいのかを聞いてみた。

「早く30才になりたいってずっと思ってたんだよね。30才になった瞬間に大人になれるイメージがあったんだけど、2年経ってみてようやく始まった気がする。50代、60代はカッコよくありたいなと思う。ビジュアル的なことではなくてね。その準備を今しているところ。50才になったら、奥さんも子供もいるかも…いないかもしれないけどね(笑い)」

※女性セブン2014年3月20日号

【関連記事】
櫻井翔 東大卒官僚の父に芸能活動を反対され続け苦悩していた
櫻井翔「男は周りの女の子は自分のことが好きだと思ってる」
櫻井翔 嵐の50周年がどうなるかの展望を二宮和也に明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP