ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元密着の情報拠点目指すダイハツのドライバーズカフェ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイハツ工業は6月29日、神奈川県鎌倉市にドライバーズカフェ「コペン ローカルベース 鎌倉」をオープンした。

28日に行なわれたオープニングパーティーで、ダイハツ工業 専務執行役員 営業本部 本部長の堀井仁氏は、新型コペンの発売にあたって目指したものとして「お客様に一番近い会社」を掲げた。そのための活動を「ラブ・ローカルbyコペン」とうたい、地域に根ざしたコミュニティスペースの提供および地元の特色を生かしたファンサービスを展開。「コペン ローカルベース 鎌倉」は、その取り組みの第1歩となる。

具体的な取り組みとしては、大きく2点。ひとつめは、オープンカーライフの魅力を発信すること。店舗スタッフは全員カジュアルな服装で、オープンカーの楽しみ方を自分なりの言葉で発信するほか、ツーリングを企画するなどして、コペンのファンに集ってもらうことも期待している。

ふたつめは、鎌倉の魅力を発信すること。鎌倉市観光協会のほか商工会議所、商店街などとも連携し、地元のアーティストがこの場でイベントを行なったり、ワークショップを実施したりすることを考えているという。

地元を愛し、地元の人に愛されるというコンセプトのもと、店舗デザインを手がけた手塚建築研究所の手塚由比氏が心がけたのは、「開放感の共有」だ。「気軽に訪れていただき、スタッフやお客様、お客様どうしの交流など、コミュニティが生まれるような空間」を作るべく、店舗の外壁はすべて“窓”。すべて開ければ、中と外の空間が一体化する。

「ラブ・ローカルbyコペン」プロジェクトリーダーのダイハツ工業 松居康彦氏は、

「これまでのショールームとは違って、車を見るためにその店に行くということではなく、生活の延長線上にあったらいい。たまたま行ったらコペンがあった、というような。車が好きな人だけが対象ではないスペースに。今後も、それぞれの地元から愛されるように、各地域に応じたさまざまな展開をしていきたい」

と話す。“お客様に一番近い会社”を目指すダイハツの取り組みが、各エリアでどういった連携を生み出すのかにも、注目が集まりそうだ。


【関連記事】
きのこの山、MARIE、やおきんの菓子で手作りパンダチョコ
群馬出身のキャバ嬢「池袋は群馬に比べたらものすごく都会」
大阪の人気激安雑貨店 タイガー コペンハーゲン攻略5か条

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP