ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真夜中にしか食べられない あっさりとんこつラーメン「がむしゃら 東京中野店」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月25日放送の「お願い!ランキング2部」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜1時56分)で、「美人ライターがもう一度行きたい真夜中レストラン」と題し、ライターの相沢あいさんがラーメン店「がむしゃら 東京中野店」(東京都中野区)を訪れた。

 沼袋駅から徒歩10分の所に位置する同店は、深夜1時から3時間だけオープンし、昼から深夜0時までは「無鉄砲 東京中野店」として営業している。深夜に営業する理由は、来店客の少ない時間帯に若手店員の育成をする目的があるという。国内産の豚骨と水のみで作ったこだわりスープは、濃厚そうだが深夜でも食べやすいようにあっさりめに仕上げられている。また、麺はスープに合わせた特注細麺を使用している。

相沢さんは、同店で人気の「白とんこつらーめん」を注文。スープを一口すすると「おいしい! まず口の中にガツンと来るんですけど、スッとほどけるような感じの滑らかなスープですね」とコメント。また、相沢さんが、居合わせた来店客に同店に通う理由を尋ねると「勉強です。(自分の仕事が)ラーメン屋なので」と堂々と明かした。そして「スープが気合入っている。大量のゲンコツでよくこんなスープが作れるなと思って」と語り、同業者も一目置く味であることがうかがえた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:がむしゃら 東京中野店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:中野×ラーメン・つけ麺のお店一覧
2014年4月オープン! スイーツ感覚のかき氷を楽しめる「KAKIGORI CAFE&BAR yelo」
人気の米粉カレーパンと笹だんごソフトを堪能し、銘酒を試飲 南魚沼「魚野の里」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP