ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者の“日常ルーチン”をモニターするスマートウォッチ 異常を検出するとアラート送信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次々と登場する新ガジェットに興味をもっている若い世代だけでなく、スマートなウェアラブルデバイスは、高年齢世代の生活をサポートするツールとしても活躍してくれるものだ。高齢の父母と離れて暮らす人にとって、親たちの健康、生活がつつがなくできているかどうか、とても心配だろう。

「CarePredict Tempo」は、スマートウォッチのような形状のデバイスで、装着者の日々の活動を追跡し、もし異常が検出された場合、アラートを送信して知らせてくれるツール。手首に着用して使う。動きと位置を検知するセンサーが内蔵されていて、これらのセンサーが計測したデータをもとに、装着者の“通常の日常活動のパターン、リズム”を完成させる。「本日の睡眠時間7時間4分、昨日は6時間39分、3%の増加」「本日、台所に30分間滞在、昨日は20分、50%の増加」といったように、日々の生活を継続してモニターする。

そして、装着者の生活ルーチンから外れた活動を検出すると、あらかじめ設定してある連絡先に、email、テキストメッセージを送信して知らせる。例えば、午後のある時間帯、リビングでほとんど活動がない場合は昼寝かもしれないが、一定時間以上動きが感知されない場合は、何か異常があったのかもしれない。すると「CarePredict Tempo」を通じて、子どもや親戚などにアラートが届くため、子ども側は急いで親に連絡をを取ることが可能になる。

また、日々の活動ルーチンを常にモニターしていることで、わずかな生活リズムの変化に気づくことができ、高齢の父母の衰えや変化をいち早くキャッチし、重大な事態になるのを防ぐことにもつながる。ただ、このウェアラブルデバイスには、装着者自身がコンタクトを取る機能はないので、その点は了解しておく必要があるだろう。

「CarePredict Tempo」は事前予約を169ドルで受付中で、モニタリングサービスは月額14.99ドルになる予定。ちょっとした変化というものは、父母と同居していないなら、なおさら気づくことは難しい。痴呆症患者が行方不明になる問題が最近ニュースで報道されているが、このようなツールを上手に活用し、愛する人を守りたいものだ。

CarePredict Tempo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP