ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初、Twitterのタイムラインに電子書籍を埋め込める「Tw-ePUB」リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Tw-ePUB」公式サイトのスクリーンショット
国内最大手の出版社・KADOKAWAは、Twitterのタイムライン上で電子書籍を読むことができる新サービス「Tw-ePUB」を発表した。

公式サイトからツイートすれば、誰でも簡単に試し読み用の電子書籍をタイムラインに埋め込むことができる。

「Tw-ePUB」は、KADOKAWAがTwitterと共同開発した新技術を採用した新サービスで、Twitterのタイムラインに電子書籍ビューアーを埋め込める世界初のサービスだという。

電子書籍規格のEPUB形式での表示となり、PCやタブレット、スマートフォンに対応している。

公式サイトからは、小説やマンガ、新書などが登録されており、ジャンルやレーベル別に検索することが可能。気になる書籍の試し読みや、Twitterに埋め込んでの紹介を行うことができる。

現在、主にKADOKAWAから発行されている書籍が大半を占めているが、すでに2万点を超える作品の掲載依頼が殺到していて順次対応を行っているとのことで、KADOKAWA以外の出版社も利用できるオープンなサービスとなるようだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP