ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライトノベル『銃皇無尽のファフニール』アニメ化決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ツカサさん原作・梱枝りこさんイラストのライトノベル、『銃皇無尽のファフニール』(講談社ラノベ文庫)のアニメ化が決定した。

 アニメ化決定をうけツカサさんは、「読者の皆さんが応援してくださったおかげで、アニメ化という機会をいただくことができました。これから色々と忙しくなりそうですが、精一杯頑張っていこうと思います。」とコメント。梱枝さんもファンへの感謝を述べつつ「動くイリスちゃんや悠くんが見れると思うとすごくわくわくします。放送が楽しみです^^」とコメントしている。

【関連:『暗殺教室』2015年フジテレビにてテレビアニメ&実写映画化決定】

 『銃皇無尽のファフニール』は、突如現れたドラゴンと総称される怪物たちにより、世界は一変。やがて人間の中に、ドラゴンの力を持った“D”と呼ばれる異能の少女たちが生まれる。存在を秘匿された唯一の男の“D”である少年・物部悠は、“D”の少女たちが集まる学園・ミッドガルに強制的に放り込まれ、さらに生き別れの妹・深月と再会した悠は、この学園に入学することになり……という物語。

 なお、今発表ではアニメ化決定のみとなっており、詳細は今後順次発表される。そして、最新第5巻は7月2日に発売されている。

参考・引用:
講談社ラノベ文庫『銃皇無尽のファフニール』ページ

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP