ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズ勢のドラマ主演 田原俊彦の『びんびん』が契機か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ界では4月クールが終了し、7月から新しい連続ドラマが始まる。今クールも、木村拓哉の『HERO』(フジテレビ系)を始め、井ノ原快彦が『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)、松岡昌宏が『同窓生~人は、三度、恋をする~』(TBS系)に出演するなど、ジャニーズ勢が各局でドラマに顔を出す。

 もともと、ジャニーズのタレントの歴史を振り返れば、歌って踊ることがメインだったが、いったい、いつから連続ドラマの主演を務めるようになったのか。古参の芸能記者が話す。

「“びんびんシリーズ”(フジテレビ系)の田原俊彦からです。1987年に『ラジオびんびん物語』で主演。1988年の『教師びんびん物語』は平均視聴率22.1%を記録する大ヒット。野村宏伸との軽快なコンビも大人気になり、『榎本!』『センパイ~』というやり取りをマネする中高生が続出しました。1989年の『教師びんびん物語II』も大ヒット。1990年には『日本一のカッ飛び男』と、4年連続でフジテレビの“月9”で主演しています。この成功で、ジャニーズ後輩への道を開きました」

 1990年代、視聴者を虜にしたフジテレビの“月9”を軌道に乗せたのも、田原だった。

「そもそも、フジテレビの月曜夜9時のドラマ枠が“月9”と略されて呼ばれるようになった一つの要因に、田原の活躍が挙げられます。10年以上続いた、萩本欽一の『欽ドン!』シリーズが1987年3月限りで終了。その後、フジは月曜9時をドラマ枠に変更しました。

『愛し合っているかい!』『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』など、いわゆるトレンディードラマばかりが印象に残っているかもしれませんが、月9で初めて視聴率30%越えを果たしたのは、『教師びんびん物語II』です」

『教師びんびん物語』といえば、田原自身が主題歌を歌い、『抱きしめてTONIGHT』『ごめんよ涙』が大ヒットした。“主演ドラマで、主題歌を歌う”という、ジャニーズの王道スタイルを作ったのも、実は田原だった。

「テレビに限らず、何事も軌道に乗せるまでが大変です。逆に、形さえできてしまえば、その波に乗ることは容易い。そういう意味で、“月9”で初めて視聴率30%越えを果たした『教師びんびん物語II』で主演したことも、主演ドラマで主題歌をヒットさせたことも、その功績は大きい。今クールの“月9”は木村拓哉の『HERO』ですが、田原の活躍がなければ、生まれなかったといっても過言ではない。田原俊彦は、もっと評価されてもいい存在ではないでしょうか」


【関連記事】
田原俊彦&野村宏伸 共演のロケ地は“びんびん”な共学高校
田原俊彦の『教師びんびん物語』パート3が幻に終わった理由
田原俊彦の『抱きしめてTONIGHT』 B面扱いの予定だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP