ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライスが1キロもある ピラミッドのようなデカ盛りカレーを食べてみた! もうやんカレー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ライスが1キログラムもある、ピラミッドのようなカレーライスがある。その名を「ミレニアム盛り」と言い、日本のカレー店の中でも最強クラスのボリュームである。
ミレニアム盛りのカレーライスが食べられるのは、東京都のもうやんカレー(新宿十二社通り店)。
注文してみたところ、本当にピラミッドのようなライスが出された。ライスはデカ盛りだが、カレーは普通サイズ(?)である。カレーから美味しそうな香りが漂ってくる。スパイシーな感じだ。
このライス、よくよく見ると、ピラミッドというより魔法使いのお婆ちゃんがかぶっている帽子の様でもある。さっそくスプーンでライスをすくう。カレーにぴったりな硬さだ。事実、スパイシーなカレーに良く合った。
しかし問題はここからだ。半分くらい食べた頃だろうか。胃袋に入ったライスがどんどん膨張しているのが実感としてわかった。美味しいのだが、スプーンを動かすスピードがどんどん遅くなる。
もし挑戦するならば、しっかりとご飯を抜いてから挑むべきである。胃袋を慣らすためにご飯を食べたほうがいいという人もいるが、信用してはいけない。空腹で行くべきである。ミレニアム盛り、恐るべし!
By Shacho
記事: Buzz+(バズプラス)
http://buzz-plus.com/








記事: http://buzz-plus.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。