ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ふざけるんじゃない。一刀流でも大変なのに、プロ野球を舐めたらいかん。俺が現役捕手なら、絶対に打たせない」
「お見事。投げるボールに意志が伝わっている。打者としても10年に1人の逸材だ」

 両方とも同一人物のコメントである。発言の主は球界のご意見番・野村克也氏。最近絶好調の日本ハム・大谷翔平に関する論評だ。

 今年の大谷は、特に投手としての成績が際立っている。昨年は13試合に登板して3勝、防御率4.23だったが、交流戦終了時までに12試合に登板し、7勝1敗、防御率2.61の数字を残している(記録は交流戦終了までのもの)。

「評価すべきは、得点圏にランナーを置きながらも失点しないという得点圏防御率が12球団でトップだということ。かつての大投手・江川卓のように、ここ一番では打たせないという凄みが出てきました」(日本ハム番記者)

 大谷には多くのメジャーのスカウトが視察に訪れ、毎試合、熱い視線を送っている。自己最速を更新する160kmをマークして5勝目を挙げた4日の広島戦では、前田健太(広島)を調査するため訪れていたレッドソックスのアラード・ベアードGM補佐ら複数のメジャー幹部が、前田よりも大谷に関心を示していた。

 しかし某メジャー球団のスカウトは大谷についてこう危惧する。

「メジャーのスカウトが本国の球団に送るスカウティングレポートは『投手・大谷』のみだ。確かに打撃のセンスもあるが、このレベルの打者はメジャーにゴロゴロいる。むしろ我々が心配するのは、大谷が打ちたがることで余計な怪我や故障をしないかだ。早く投手に専念してほしい」

 日本ハムは大谷獲得時に「将来のポスティング移籍容認」の条件を出しているとされるだけに、メジャーからの評価には敏感だ。

「そうなると、ポスティングで大谷を高く売るためには、投手に専念させたほうがいいという判断を下す可能性もある。もう二刀流による客寄せ効果も一段落してきたし……」(スポーツ紙記者)

 夏の終わり頃には「打者・大谷」は見納めになるかも?

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
MLBでワシが活躍したら「マサイチ・カネダ賞」あったと金田氏
阪神・藤浪 グラウンドの出入りに深々と礼をする真摯な姿勢
NYメッツスカウト 花巻東高校に菊池雄星以上の逸材を発見

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP