ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク 被災地の高校生を100人規模で米国留学に招待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソフトバンクでは、孫正義社長肝いりのCSR活動が数多く展開されている。話題になったメガソーラー発電所や風力発電所などの建設による「再生可能エネルギー事業」もその一環だ。

 CSRの中でも力を入れている活動の一つが、東日本大震災を受けて始まった「TOMODACHI ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」。

 被災地の岩手、宮城、福島の高校生を、孫社長の母校であるカリフォルニア大学バークレー校で夏季に行なわれる3週間の集中コースに100人規模で招待する内容。グローバルリーダーシップと地域貢献や都市計画について学び、米国の文化にも触れる。今年夏で3回目を迎える。

 資金を出すだけではない。立ち上げには意外な苦労があった。社長室CSRグループの堀田真代氏(33)が語る。

「3県には約300の高校があり、津波被害のひどかった沿岸部には約80校あります。志のある高校生を募集するため、それらに1校ずつ連絡した上で訪問して、一から説明しました。スーパーや道の駅にも告知ポスターを貼らせてもらいました。まるで飛び込み営業。社内では〝売れない演歌歌手みたいだね〟なんて言われました(笑)」

 被災地をどぶ板で回る。だが、いい反応ばかりではなかった。「夏は夏期講習があり、3週間も米国に行ったら受験に影響を与える」と否定的な教師もいた。

 このプログラムは大学受験という目の前のことではなく、長い目で「東北を支える人材」を育てることが目的だ。同CSRグループの北村高宏氏(25)。

「『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・ユニバーシティ』といったピクサーのヒット作に携わるアートディレクターの堤大介さんやシリコンバレーのエンジニアなど、アメリカで活躍している日本人と交流する『キャリアセミナー』というプログラムは好評です。地方の高校生に、将来の職業の選択肢を挙げさせると意外と狭い。様々な分野で活躍している多くの大人と会うことで、イメージできる生き方の幅が広がるようです」

 すでに地域貢献に動き出した”卒業生”もいる。第1回のプログラムに参加したいわき市の高校生たちが「地元を盛り上げたい」と、旅行大手のエイチ・アイ・エスと協力し、地元いわき市の魅力を体験できるツアーを企画。200人を超える参加者を集めた。

 堀田氏と北村氏は、高校生たちと一緒にバークレー校で3週間過ごす。孫社長も直接、参加した高校生から報告を受けるという。堀田氏は今まで100回近く東北出張を繰り返してきた。未来のアントレプレナーをどれだけ生めるか注目される。

●取材・文/永井隆(ジャーナリスト)と本誌取材班

※SAPIO2014年7月号

【関連記事】
「なう」で流行語大賞受賞の高校生が資本金300万円で起業
就活見据え起業家にOB訪問しまくる「意識の高い高校生」が出現
小池里奈 初挑戦のヒモ水着ほか盛りだくさんのビキニ姿披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP