ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の離婚率が10年連続増加 一人っ子政策や女性自立原因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国民政省が発表した「2013年社会サービス発展統計公報」によると、中国で昨年、離婚申請した夫婦は前年比12.8%増の約350万組で、史上最高を記録した。2004年以来、10年連続で前年比を上回った。中国共産党機関紙「人民日報」(電子版)は「離婚は間違った結婚の代価」との離婚経験者の声を紹介しながらも、「離婚率の増加は中国の道徳観念の崩壊につながりかねない」などと警鐘を鳴らしている。

 報告によると、昨年の結婚数は前年比1.8%増の1346万9000組。うち、25~29歳の夫婦が全体の35.2%を占めている。

 同紙は「一人っ子政策で男性が余っており、生涯、結婚できない男性が増えている。その一方、中国の急速な経済発展で、仕事を持つ女性が多くなり、女性は経済的に男性に頼るのではなく、経済的に自立するという傾向が強くなった。これが離婚率の増加につながっている大きな原因の一つ」と分析している。

 さらに同紙は「一時の激情で結婚して、のちに熱が冷めて、すぐに離婚するという傾向が強まっており、これは道徳観念の崩壊につながり、浮気などの性道徳が乱れるもとになる」と危惧したうえで、「結婚は一種の修行にも例えられる。その修行を通じて人間性が高まることも事実。このまま中国で離婚率が高まり続ければ、社会的に大きなひずみを生むことは確実だ」と指摘する。

 これに対して、ネット上では「このような観点には賛成できない。離婚は往々にして上流階級の男女に多い。金持ちに比較的多いのだ」との書き込みがある一方で、「10年連続で離婚率が増加していることで、われわれはどのような結婚観を持つべきか。結婚は社会的に重要な意義があり、責任も伴う。結婚した男女にも、それぞれの親の責任にもある。家庭に責任を持ち、和解の家庭を築くよう努力すべきだ」との意見も書き込まれている。

【関連記事】
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
2050年にラブドールが日本の主力輸出産業になるとの指摘出る
非婚・晩婚化「結婚したいけれどできない若者」が増えたため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP