ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

唐沢寿明は「麻薬パーティーに参加するゲイ」、西島秀俊は「巡査」、名優の意外な脇役列伝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高視聴率を記録し、見事、大団円を迎えたTBSドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』。野球の試合よろしく白熱する展開と、緊迫した空気のなか、見事に主演を務めた俳優・唐沢寿明(51)だが、押しも押されぬ名優へと成長した彼も、そのキャリアのスタートが特撮ドラマの脇役だったということは意外と知られていない。

デビュー当初、人気に伸び悩んでいた彼は、『仮面ライダーシリーズ』や『スーパー戦隊シリーズ』の脇役やスーツアクターに活路を見い出し、着実にそのキャリアを積んでいった。唐沢は今年秋公開予定の『イン・ザ・ヒーロー』での主演が決定しているが、彼のこうした下積み経験を踏まえれば、まさにベストな 配役と言えるだろう。なお、唐沢は1980年に放映された刑事ドラマ『大激闘マッドポリス’80』においても、「麻薬パーティーに参加するゲイ」という、 今の活躍からは想像もつかないキワモノ脇役として出演している。

同じく春ドラマで高視聴率をキープした『MOZU』で主演した西島秀俊(43)も、記録に残っているドラマデビューは1992年の『はぐれ刑事純情派』 での巡査役。ドラマということで言えば、『あすなろ白書』(1993年)での活躍が印象的であるため、彼のドラマデビューはそちらだと思いがちだが、そのキャリアのスタートは意外にも刑事ドラマの脇役だったのだ。こうしてキャリアをスタートした彼が、『はぐれ刑事純情派』の巡査役から、『ストロベリーナイ ト』(2010年)の菊田和男役で巡査部長となり、『MOZU』ではエリート公安捜査官・倉木尚武(警部)といった具合に、作品中でも”出世”している姿も、なかなか興味深い。

そして、若い頃に意外な役をもらい、後に名優となったケースの代表例と言えば、2時間ドラマなどでの活躍が印象的なベテラン・小林稔侍(73)。彼は1967年の子供向け特撮ドラマ『キャプテンウルトラ』で「キケロ星人ジョー」役を、1968年の『ジャイアントロボ』では「テロマン」役をそれぞれ好演 しているが、この2作品において彼は、キケロ聖人としてサザエのようなかぶりものを身につけ、テロマンとしては無残にも車から転落死するという、なんとも言い難い役を演じている

このように、現在の映画・ドラマ業界を支えているのは、自らがようやく手にした小さな役をコツコツとこなし、その魅力と演技力を磨き続けた名優たち。かつての彼らがそうであったように、現在放映中のドラマや公開中の映画の中にも、未来のスターたちが隠れているかもしれない。そうした視点で作品を観れば、 また違った楽しみが生まれてくるのではないだろうか。

文:鈴木將義

(C)2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP