ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンキー加藤、バーのマスター役でドラマ出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月16日(水)にスタートする日本テレビ系水曜ドラマ『ST赤と白の捜査ファイル』(毎週夜10時放送)の第1話に、同ドラマの主題歌「太陽」(8月20日リリース)を歌うファンキー加藤がスペシャルゲストとして出演することがわかった。


加藤は、STのリーダー格・赤城左門(藤原竜也)とキャップ・百合根友久(岡田将生)が容疑者である被疑者の女性に聞き込みをするとあるバーのマスター役で登場する。アーティストとしての活動が主でこれまで俳優としての仕事をした経験のない加藤にとって、ライヴでは経験できない緊張の連続の撮影となったようだ。

共演した藤原は、「加藤の演技を点数にすると?」と聞かれると、迷わず「100点!」と太鼓判を押した。また、岡田も現場での加藤の様子を聞かれ、「緊張もしてなさそうで、(ドラマ出演が)初めてとは思えないくらい。台詞も一回も噛むこともなかったですし」とコメントした。

ファンキー加藤は、7月12日(土)昼12時から11時間生放送の大型音楽番組『THE MUSIC DAY 音楽のちから』で、「太陽」をテレビ初披露することも決定。汐留に設置される特設ステージで歌う予定で、当日はドラマに出演する藤原と岡田も応援に駆けつける。ドラマスタート前にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が高まる。

また、この夏は新曲「太陽」を引っさげて、「NUMBER SHOT 2014」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」「SUMMER SONIC 2014」「MONSTER baSH 2014」など各地大型音楽フェスに多数出演! 夏フェスを終えると、9月19日(金)・20日(土)にはソロ初のワンマンライヴを日本武道館で2DAYS開催する。

【ファンキー加藤 コメント】

■今回スペシャルゲストとしてドラマに出演した感想は?

今回、主題歌を歌わせて頂いた経緯からゲスト出演させて頂きました。これをドラマ出演と言ってよいのか分からないぐらいの短い時間の出演でしたが(笑)、主題歌だけでなく出演させて頂いた事は本当に光栄で嬉しく思っています。

■ドラマの収録現場は如何でした?

1、2分のシーンだと思うんですけど、4~5時間かけて撮る、その間の役者さんの集中力って凄いなって思いました。覚えてきた台詞があって、それを実際に監督さんと現場でやりとりして、細かい演技指導をボンボン取り入れて、それを藤原さんや岡田さんがやり切っているのが凄いなあと思いました。

■ライブ前とどちらが緊張する?

ドラマの収録は、スイッチを何回も何回も入れ直さないといけないのは大変ですよね。ライブはステージに上がっちゃうとスイッチ入れっぱなしなんですよ。ある意味そっちの方が楽ではありますよね。同じシーンをいろんなアングルから撮影するために何回もやるじゃないですか。その度に、スタートってかかるたびにスイッチを入れないといけないっていうのは凄い集中力が必要なので、大変ですね。

■今後やってみたい役はありますか?

バーのマスター一本で!バーのマスターなら俺みたいな。バーのマスター演じさせたら日本で一番を目指します(笑)。

ドラマ『ST赤と白の捜査ファイル』公式HP

http://www.ntv.co.jp/st/

シングル「太陽」
2014年8月20日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

MUCD-9073/¥1,400(税込)

【通常盤】(CD)

MUCD-5279/¥1,080(税込)

<収録曲>

01.太陽

他2曲収録予定

イベント情報
「NUMBER SHOT 2014」

07月26日(土) 福岡 海の中道海浜公園野外劇場

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」

08月09日(土) 茨城 国営ひたち海浜公園

「SUMMER SONIC 2014」

08月16日(土) 大阪 舞洲サマーソニック大阪特設会場

「MONSTER baSH 2014」

08月24日(日) 香川 国営讃岐まんのう公園

「ファンキー加藤 白熱 ALL STANDING LIVE!」

09月29日(月) 大阪 なんばHatch

10月01日(水) 東京 Zeep Tokyo

ファンキー加藤「I LIVE YOU 2014」in 日本武道館
09月19日(金) 東京 日本武道館

09月20日(土) 東京 日本武道館

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ファンキー加藤 公式HP
ファンキー加藤、ソロ第3弾シングル「太陽」がドラマ主題歌に!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP