ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】若者にとっての人間社会はネット社会となる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Ces jours-ci,pour les jeunes la société c’est celle du Net..effrayant!
最近、若者にとって人間社会はネットの社会……怖い!

●La réussite échappe à celui qui n’a pas d’ambition ! 
野心がない人は成功するわけがない!

●Les pays de l’Ouest ont aidé les révolutions Arabes et maintenant ils en pâtissent!
西洋の国々はアラブの革命を応援していたが、いまはそれに苦しんでいる!

【関連記事】
【キャラビズム】人生はゴルフ同様、飛ばすだけでは勝てない
【キャラビズム】ヤングママの会話 “最近、お料理してる?”
【キャラビズム】家族の会話の代わりに電化製品が会話する時代に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP