ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】国際テロ、関係なくても流れ弾に当たる危険

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Même si la terreur internationale ne nous concerne pas,une balle perdue peut nous frapper!
国際テロは自分に関係なくても、流れ弾に当たる危険性はある!

●La robotique est une science que les homes ont mise au point pour supprimer les hommes!
人を楽にするためにできたロボットが、人をいらなくしている!

●Un mot de son supérieur pourrait-il changer une vie!
上司の一言で、人生が変わらなければいいけれども!

【関連記事】
【キャラビズム】今の日本、挨拶してくれるのは自動販売機だけ
【キャラビズム】人生はゴルフ同様、飛ばすだけでは勝てない
【キャラビズム】最近の男性はサンゴ系 動物か植物か判別不明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。