ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】幻の東京オリンピック1940年を知る人は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●La télévision est un moyen de communication qui détruit celles de la famille!
テレビはコミュニケーションの道具なのに、家庭のコミュニケーションズを無くしている!

●Même dénié,un lapsus reste un lapsus!
失言は撤回しても失言!

●On peut fêter les Jeux Olympique à Tokyo 2020,mais ne pas oublier les Jeux Olympiques fantômes àTokyo 1940 ! qui le sait ?
東京オリンピック 2020年はおめでたいが、幻の東京オリンピック1940年を知る人は?

【関連記事】
最近の若者に欠けているコミュ力について劇作家が解説した本
【キャラビズム】ロンドン五輪でミュンヘン事件の二の舞が心配
【キャラビズム】もし吉本興業がなければ日本のTVどうなる?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP