ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】お坊さんはご馳走のため檀家さんを大事に?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●L’Amérique a fourni au Japon ce qui lui manquait,mais les tornades allons,tout-de-même…!
日本に無かったものをアメリカに教わったが、まさか竜巻までとは……!

●Même  un chauffeur très prudent risque un accident!
どんな慎重な運転でも、事故にあう可能性がある!

●Un moine invité qui flatte ses fidèles,pour un bon repas sans doute?
お坊さんが檀家さんを大事にするのは、ご馳走にありつくためかな?

【関連記事】
【キャラビズム】ギリシアは遺跡で有名だが遺跡その物となった
【キャラビズム】家族の会話の代わりに電化製品が会話する時代に
【キャラビズム】コンピュータ腕時計に続き健康診断腕時計?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。